このエントリーをはてなブックマークに追加

7e260c38b11209a7e19659dac974133a
Blank

スポーツしたい!そう思った女子が最初に手をつけるのがズバリ『ヨガ』。
最近じゃどこの駅にも大小関わらずヨガスタジオがあり、一体日本のヨガ人口って何人くらいなの?と思うほどです。今日はそんな魅惑のヨガの世界について、ちょっとしたマメ知識とともにご紹介します。

■ ヨガにハマる女子は86%

最初はヨガ経験者のリピート傾向について調査開始。「あなたはヨガを経験して、もう一度やりたいと思いましたか。または、継続してやっていますか?」という質問には、もう一度やってみたいと回答した女子が69%も。継続している女子と合計すると86%とヨガのハマり率が高いことがわかる結果となりました。

■ ヨガが好き…でも、よくわかってないけど

ヨガへの高い関心とリピート率がわかったところで、続いてはこんな意地悪な質問を2つ聞いてみました。 「あなたが過去に経験した、もしくは現在行なっているヨガを教えてください。」という質問には、1位はホットヨガ(48.3%)ではありますが、2位は自分が経験したヨガの名前がわからない(35.7%)という結果に。 自分のやっているヨガの種類を知らない女子が多数いることが判明しました。

そしてもう1つ気になるのが、ピラティスとの違いについて。
あなたは、「ヨガとピラティスの違いをご存知ですか?」という質問には、53%が知らないという回答に。

ちなみにインドが発祥のヨガですが、ピラティスは元々ドイツ人が考案したリハビリ運動がベース。 そしてヨガが呼吸とストレッチに重きをおく反面ピラティスは骨格や体幹を鍛えるようにエクササイズでできています。 つまり取り組む目的がヨガとピラティスではそもそも異なるのです。 これを知らずにエクササイズを始めると、「あれ、リラックスできない」という感想になりかねません。

そして数あるヨガの種類についても、現在ほとんどが「ハタヨガ」をベースに、目的や考案者別に種類が別れているとも言われています。 伝統的なヨガには瞑想などのスピリチュアル要素が強いものもありますが、それらより思想的な要素よりもエクササイズに特化したヨガも増えているんだとか。 一口に言っても複雑なヨガも、ダイエットやリラックスなど、目的を考えて選んでいきたいですね。

今日は経験者も多い女子のヨガ事情について、改めて知識をおさらいしました。筆者も実はヨガ歴7年(最近お休み中)。この記事を執筆しながら、久々にヨガに取り組んでみたいなーと思ったのでした。

Bimajin人気記事はこちらから⭐︎


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

【センパイ教えて!結婚3年以上の既婚女子に聞く「結婚のリアル」】
Blank

イマドキリサーチ / 2016/06/09

【夏はもうすぐ!男子が夏の女子に思っているホンネ…】
Blank

イマドキリサーチ / 2016/06/02

浮気はバレなきゃOK?男子が考える浮気のリアル本音とは
Blank

イマドキリサーチ / 2016/05/25