このエントリーをはてなブックマークに追加

6fc9a6662a7c4406e81f160363cf8a9f
Blank

植物の薬理効果を応用した、フィトテラピー(植物療法)をベースに、ストレスや加齢によって揺らぎやすい肌や敏感肌でも安心して使えるようにと、植物療法士 森田敦子氏が開発したスキンケアシリーズ「エリシファイ」。

日本におけるフィトテラピー第一人者森田敦子

「日本のフィトテラピーの第一人者である(株)サンルイ・インターナショナル代表/ルボアフィトテラピースクール代表の森田は、キャビンアテンダントをしていた20代のときに、ダストアレルギー性気管支ぜんそくで呼吸がうまくできなくなり、入院した経験がありました。それと同時に、アトピーを併発し、ステロイドや気管支拡張剤が手放せませんでした。薬の副作用もあり、だんだんと肌がぼろぼろになったり、髪を失ってしまったり。仕事に復帰しても薬に頼る生活が続いていたときに、森田は友人からフィトテラピーというものがヨーロッパにあって、植物の薬理効果を利用して心身のケアが出来るという情報を聞き、フランスに渡ったという経緯があります」(AMPP認定 マスター フィトセラピスト南上さん)

植物の力を組み合わせてプラスαのスキンケアを

国立パリ第13大学にて、植物の薬理学を学んだ森田氏は、その知識を身につけたことで自身の心身を治していったとのこと。 そんなある日「敏感肌の人が安心安全に使用出来ると謳う化粧品はたくさんあるけれど、肌が生まれ変わるのを実感できるものが少ない」と実感したことから、自らが学んだ植物それぞれの力を組み合わせて、肌にきちんと効果をもたらすものをつくりたい、いつからでも再生は可能という思いでつくりあげたのが、今回ご紹介する「エリシファイ」です。

揺らぎ肌にも使える5つのラインナップ

ホルモンバランスの乱れや、さらに、ストレスや季節の変わり目でお肌の調子が変わりやすい女性の揺らぎ肌。また、アトピーなど敏感肌でお悩みの人など、幅広く使える「エリシファイ」のラインナップは以下の5つ。ぜひ、ラインを揃えて、植物の相乗効果で肌本来の力を目覚めさせていきたいところ。

エリシファイ クレンズ《マッサージクレンジグ》

クリームタイプのこのクレンジングは、メイクや毛穴の皮脂汚れをしっかり浮かせて抱え込み、水と乳化させて洗い流してくれて、保湿力も実感できる。マッサージしながらクレンジングすることでむくみをとりつつ、透明感のあるクリアな肌へと導いてくれる。

エリシファイ フォーム《洗顔料》

洗浄成分に植物エキスを用いていることで、肌への低刺激性を実現。瞬時に生まれるきめ細やかなコシのある泡の質感が最大の特長。鎮静・消炎効果のある植物成分の働きで、お肌をしっとりと落ち着かせ、ピュアな状態にしてくれる。

エリシファイ ローション《化粧水》

汚れや古い角質が取り去られ、ピュアな状態になった洗顔後の肌には、化粧品の浸透がしやすい一方で、無防備な状態なので、良質な水分と栄養成分を肌に入れてあげることが大切。浸透性に優れ、美容液並の贅沢な保湿成分と栄養成分を配合したこの化粧水は、ハリ・弾力のあるコンディションを維持してくれる。

エリシファイ セラム《美容液》

お肌の生理活性作用を目覚めさせて、再生を促すための高保湿 美容液。目のクマや、乾燥や肌荒れといったスキントラブルの集中トリートメントとして、即効性を実感できる。NMF(ナチュラルモイスチュアリングファクター)やWヒアルロン酸など本来の生体成分の自己産生を促進する。

エリシファイ エマルジョン《乳液》

「ベストコンディション肌」は、このエマルジョンで。外気やエアコン等の環境下でも長時間に渡って柔らかでみずみずしい状態を保てるよう、保湿設計されている。保湿力がしっかりあるので、クリームが苦手な人でもこの乳液なら、肌の芯からわき上がるようなふっくらした感触を演出してくれる。

植物ならではの、ハーバルな香りが自律神経に働きかけ、ストレスを解き放してくれるエリシファイの5つのラインナップ。使い心地もクレンジングからエマルジョンまで、しっとりふっくら仕上げてくれる贅沢な使用感になっています。ぜひ、一度試してみては??

Bimajin人気記事はこちらから⭐︎


Writer: セキアキ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

心に響く感動の旅を約束する星野リゾート 界 津軽(後編)
Blank

青森・弘前市を愉しむ

TREND EYE / 2019/07/22

心に響く感動の旅を約束する星野リゾート界 津軽(前編)
Blank

青森・弘前市を愉しむ

TREND EYE / 2019/07/17

温泉からねぶた祭まで青森を丸ごと楽しむ星野リゾート 青森屋(後編)
Blank

青森の歴史と文化を体験♪

TREND EYE / 2019/07/12