このエントリーをはてなブックマークに追加

D4607168f2d55f5fdd56e988be60cec3
Blank

誰でもない、自分自身の物語が今始まる! 世界初の長編フルCGアニメーション「トイ・ストーリー」以来、世界中を魅了し続けてきたディズニー・ピクサー。20周年を記念して新たに挑戦する映画史上最も独創的な作品がこの夏スクリーンに登場するのをご存知ですか?誰もが当たり前のように持っている、とても大切な自分の一部・・・、未知なる“感情”たちが主役になった不思議な物語「インサイド・ヘッド」がついに7月18日より公開!「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」5つの感情が個性豊かな愛らしいキャラクターとなり、一人の少女 ライリーの幸せを守るために、無限に広がる頭の中で予想もつかない大冒険を繰り広げる感動のファンタジーです。

絶対に親子で見てほしい、愛すべき物語

なんとこの物語、『インサイド・ヘッド』監督ピート・ドクターの実体験が元になっているのだとか!お転婆で想像力豊かな娘が11才になった頃、急に大人しくなり、不機嫌になってしまったという。この時ドクター監督は「何が彼女の頭の中で起こっているのだろう?」と、考えたそうです。楽しい子供時代を過ぎ、大人の世界に押し出される時期を迎えた我が子の感情の変化に直面したその時、親として感じた切実な思いや戸惑いが、この映画の出発点となったのです。心を掘り下げ、その中身を見せていくというアイディアに以前から惹かれていたドクター監督は、感情を擬人化し、彼らの視点からストーリーを語るという大胆な発想を実現してしまったわけです!映画を作っていく過程の中で「親しい人間に対して、怒ったり怖がったり悲しがったりする感情の深みや複雑さこそが、本当の絆をもたらす」ということを改めて感じ、全ての感情が人生の“幸せ”に繋がっていること、そしてずっと深いところに存在することを気付かせてくれるのが「インサイド・ヘッド」なのです。

『インサイド・ヘッド』を観てしまった私の”ココロ”

一足お先に編集部スタッフがインサイド・ヘッドを鑑賞させて頂いたのですが、とにかく家族で見てもらいたい!と言える作品でした。明るくお転婆でいつも笑顔なライリーが存在しているのは“ヨロコビ”が頭の中の司令部で他の感情たちをまとめているから、と最初は思ってしまい、所々ネガティブな発言で登場するカナシミを「え〜〜?」と鬱陶しく感じる場面があるのですが、そういうわけではないのです。全てがハッピーでありたい、これは普段の生活の中でも言えることですよね。だけど、カナシミにはカナシミにしかできないこともきちんとあることをこの映画はしっかりと伝えてくれているのです。”カナシミ”は私の中に必要な存在だし、どの感情も一つ一つが大切なんだ、そんな風に自分自身と向き合わなくてはならない気持ちにさせられます。そして映画を見終わった後、家族や自分のことをもっともっと好きになることが出来るなと思いました。ライリーの感情だけでなく、時にはライリーのパパとママの頭の中の感情たちも登場し、思わず「あるある!」とツッコミを入れてしまいたくなるとっても楽しい作品に仕上がっているので家族や友達、恋人など大切な人達と一緒に観て頂きたい映画です。

ただひたすら毎日時間が流れていき、知らず知らずのうちに“感情音痴”になっている人必見!この夏、5つのの”感情”たちに会いに行きませんか? 頭の中の“感情たち”が、あなたを幸せにしてくれます♡

インサイド・ヘッド
http://www.disney.co.jp/movie/head.html
Writer: mae

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

MARVELのスーパーヒーローが大集結!キャプテン★アメリカVSアイアンマン「シビル・ウォー」
Blank

インフォ / 2016/05/03

野菜づくりに関する悩みやトラブル解決方法を詰め込んだ「川瀬良子のプランター野菜」がついに発売!
Blank

インフォ / 2016/04/16

日本のトップパティシエが集結!豪華すぎる史上最高のスイーツイベント開催までまもなく!!
Blank

インフォ / 2015/11/11