このエントリーをはてなブックマークに追加

E4a5bd70823c40da6e1c650e01db2f2a
Blank

スキンケアの基本ともいえる“クレンジング” 肌はこれで決まると言っても過言ではありません。 ただ洗い落とせばいい、なんてことは間違い! 乾燥やトラブルの原因に。

正しい“クレンジング”が美肌への近道です。

クレンジングはタイプ別で選びましょう♪

「メイクはしっかり落とさないと!」 このことばかりに気を取られ、ゴシゴシとクレンジングしてしまう人が多数。 肌の皮膚はとてもデリケートなので、摩擦を与えてしまうと 乾燥、ニキビ、たるみなどの肌トラブルのもとに。

テクスチャーによって、メイクなじみや洗い流しもそれぞれ。 タイプ別メリット、デメリットを知っておけば、 肌状態や季節に合わせたクレンジングを

◆ オイル

ウォータープルーフやハードメイクを落とすならオイルタイプが○ オイルは刺激が強く、肌の潤いまで洗い流してしまう、 なんて言われていますが、決してそんなことはありません。

乾いた手でオイルをすばやくメイクとなじませます。 オイルは水とのなじみが悪いので、時間をかけて しっかりと洗い流してください。

◆ クリーム・ミルク

スキンケア成分が多く含まれているこのタイプ。 乾燥が気になる人、乾燥が気になる季節にオススメ。 洗い流し後のつっぱりはなく、肌はしっとり。 メイクとなじむには時間がかかりますが、しっかりと丁寧に。

顔にのせたら、半透明になるまで丁寧にメイクとなじませます。 洗い流しがないように気をつけましょう。

◆ ジェル

水ベースでできているジェルタイプは、洗い上がりがさっぱり。 洗い流し後すっきり感を求める人はこのタイプを。 オイルやクリーム・ミルクタイプと比べと、少しメイク落ちが弱いです。 ベースメイクが薄い日にオススメ。

メイクに丁寧になじませたら、洗い流します。 水ベースなので洗い流す時間は他のタイプよりも短いです。

◆ シート・ウォーター

疲れてメイクを落とすのがめんどくさい・・・ なんて日はシートやウォーターで落とす人が多いですよね? 気をつけることはとにかく強くこすらないこと! シートはゴシゴシせずに、優しく拭き取ること。 ウォーターは摩擦がないようにコットンにたっぷりと 含ませてから優しく拭き取りましょう。

スキンケアの基本“クレンジング” 大切なのは自分にあったタイプを選んで、 正しく落として荒い流す。 今日から早速マスターしてみて♡

関連記事

Writer: 伊東夕佳

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

人気の最新ダイエット事情をまとめてチェック!(後編)
Blank

水着やノースリーブを着こなしたい!

ビューティー / 2019/06/06

女性の悩み「冷え」を何とかしたい!内側から体質改善を目指す方法とは?
Blank

ビューティー / 2018/10/19