このエントリーをはてなブックマークに追加

9c33fed24ed4637180c7229e75820211
Blank

どんなに美しい女性でも、誰しもが皆、歳を重ねていくもの。 若い時にしかできないコトにいつまでもしがみついていられない・・・。 そんな今を生きる女性が未来に思うこととは? 今回のB!Storyに登場してくれるのは、華やかな芸能活動で仕事をこなしつつも、新しい自分自身の未来を切り開いた宮川美月さん。デトックスビューティーサロン「Luana」を立ち上げるまでに至った道のりをお聞きしました。
以前は芸能界でお仕事をされていたんですよね。
宮川 きっかけはスカウトで大学生の時から芸能界でお仕事をしていました。ちょうどミスキャンパスが流行っていた時でしたのでミスキャンパスに選ばれたりレースクイーンやグラビアアイドルの活動をバイト感覚でやっていたんです。どんどん仕事の幅も広がって番組のレギュラーや食レポーター、バラエティ番組への出演と次々に決まり、仕事も絶好調!就職をしようと考えていたものの、芸能界での活動を選びました。
結婚などは考えなかったのでしょうか?
宮川  実は2007年頃に芸能活動を一度ストップしたことがあるんです。この時は真剣に結婚を考えていました。でも様々な理由で結婚の話が無くなり、どうしようかなと思いながら仕事をしていたのですが、この時もまた芸能関係の方から声を掛けて頂き、芸能界での活動が復活したんです。
芸能界でコンスタントに仕事があることはスゴイですね!現在は芸能界ではなく美容業界でご活躍されていますが何か転機があったのでしょうか。
宮川 3.11の大地震が起こった時に仕事が激減しまして。自由に動ける時間ができたので以前から興味があった韓国に急遽留学することにしたんです。海外からの留学生が学ぶ高麗大学の語学堂に通い、色々な国の人達との交流を楽しみました。
韓国留学ではどんな生活を送られていたのですか?
宮川 大学にはアジアやアメリカ、ロシア、ヨーロッパなど様々な国の人達が勉強をしにきていたので韓国語を学ぶにはとても良い環境でした。部活に入ってK-POPのダンスを友人達と練習したり、韓国料理に挑戦してみたり・・・。何もわからずに飛び込んだ世界でしたので韓国語も全くわからず毎日が体調不良(笑)。でも少しずつコミュニケーションが取れるようになってくると楽しい気持ちの方が勝ってきて、当時はその時が楽しければそれでいい!と思いながら過ごしていました。今思い返すと美容に関わる仕事をしよう、などとはこの時考えてもいませんでしたね。
韓国留学から日本に戻ってきた頃はどうしていたのでしょうか。
宮川 帰国した時には貯金が尽きていました。なんと貯金通帳がゼロになっていて!ビザの関係上、韓国で働くことができなかったので貯金で生活をしていたんですよね。29歳にして貯金がゼロとなってしまいましたのでこれは大変!と思い、働こうと決意。貯金を貯め直すために私が選んだ仕事は六本木の高級クラブでした。
なんと!夜の世界で働かれたという経験もお持ちなのですね。でもそこでも売上を作ることは決して簡単なことではありませんよね・・・?
宮川 驚かれるかもしれませんが、始めてから2ヶ月で店内の上位人気を取っていました。私よりももっと綺麗な方、もっとスタイルが良い方は沢山いるんです。だからこそ、見た目の美しさで勝負するのではなく、他の人とは違った切り口で私なりの接客を考えました。
また指名してもらえる接客!是非ともそのコツを教えてください。
宮川 所謂、女の子が得意とする「ニャンニャン接客」が私の性格上まずできませんでした。けれども私が大学で専攻していたものが心理学でしたので、上辺だけの接客にならないよう「ココロの接客」を取り入れたのがお客様に受け入れてもらえたんですよね。
「ココロの接客」・・・。具体的に言うと?
宮川 例えばお客様が「徹夜明けなんだよ〜」と言ったらどのように返事を返してあげますか?大抵の子は「働き過ぎないで休んでくださいね」「無理しないでくださいね〜」という感じではないでしょうか?そういった言葉は私は言いません。その人が徹夜をするということは何か達成をしたということ。だからこそ「ムリしないで」と声を掛けることはしません。その代わり、「そこまで頑張っているあなたがカッコイイ!」と伝えてみるんです。ストップを掛けてしまう言葉よりも応援をする言葉の方が受けて側にも嬉しいはず。ムリをしなければいけない状況を止めずに一緒になって応援してあげよう!という気持ちを伝えることが大切なのです。
なるほど。なんだか妙に納得してしまいました。
宮川 小さい頃から心理テストが好きだったんです。小論文のテーマも「対人魅力」でした。一つ一つ発する言葉や態度、表情で相手に伝わる自分のイメージというものは良くも悪くも捉えられます。夜のお仕事は人と接することが常なので私が学んだ心理についての知識は良い意味で役に立ったと思います。

人の心に響く接客を常に心掛けながら仕事をしているという宮川美月さん。インタビュー中もハーブティーやデトックスティーなど丁寧な気遣いに大感激!心地良い和やかな空間でお話を聞くことができました。後編ではLuanaの立ち上げやスタッフと円滑なコミュニケーションの取り方、お客様がなぜまたLuanaに来てくれるのか・・・。その理由をお伺いしていますのでこちらもどうぞ楽しみにしていてくださいね♪

  • 宮川さん後編はこちらから

  • information
    現在、Luanaでは一緒に働ける人を募集しています♡

    ☆20歳以上
    ☆未経験者可
    ☆人を癒す仕事がしたいと本気で思える方
    ☆接客が好きな方

    美容と健康に良いまかないも付きますよ♪
    詳しくはサロンまでお問い合わせ下さい。


    Luana
    ☎03-6804-6049(完全予約制)
    東京都港区六本木7-9-9リッモーネ六本木2F
    OPEN:13;00~22:00
    定休日:水曜日
    ※ 最終受付は19:00
    http://www.luana-beauty.com
    Bimajin Storyの過去記事は下記をクリック☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Others By

    チョークアートからキャンドルアートまで、新しい才能を発信! 松下萌子さん【後編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/29

    全日本国民的美少女コンテスト出身、世界へ羽ばたくチョークアーティスト 松下萌子さん【前編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/22

    得意の料理で体調管理と体型維持しています 中川知香さん【後編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/08