このエントリーをはてなブックマークに追加

0fd72ca8f82bd2c1e54b977d4cf427d2
Blank

今週のB!Storyは1996年にシングル「ANNIVERSARY」でデビュー以来、数々のヒット曲を生み出してきた女性シンガー・石井聖子さん。母であり歌手として活躍されていた坂本スミ子さんの影響で、幼少より音楽が好きだったと語る彼女の音楽に対する思いとは?6月24日にリリースされる新曲の裏話や歌手としてどう在りたいか・・・など、今もなお、前進し続けるその姿をインタビューさせて頂きました。

about music

若い頃から音楽活動をされていますが、本格的に歌手になろうと思ったきっかけは?
石井 私にはこの世界は合わないだろうなとずっと思っていたんです。子供の頃から母が歌う姿を見ていていたと同時に、その大変さもまた近くで見て知っていましたので・・・。ただ、歌うことは昔から大好きで学生時代は音楽部に所属をしていました。ミュージカルや合唱に参加することが楽しいと思いながらも本格的に芸能界に入ろうとまでは考えていなくて。私自身1人娘ということもあり、実家の仕事を継がなくては!という責任感もありましたので学生の時に勉強をしていたのは主に教育についてでした。でもやっぱり歌が好きで。一度きりの人生だし、やりたいことをやりたいと気持ち変わってきたのがちょうど大学を卒業する頃。ハワイにも行けるし挑戦してみたら?という知人の勧めで篠山紀信さんの「女子大生シリーズ」に応募をしたらご縁を頂きまして、実際に撮影をして頂いたんです。そこで撮影をご一緒させて頂いた人達との出会いが歌手の道を歩むことになった最初のきっかけです。
篠山紀信さんの「女子大生シリーズ」といえば沢山の方が芸能界デビューされていますよね。どのような経緯で歌手への道が開かれたのでしょうか。
石井 撮影の時に、デモテープのオーディションの話をお聞きしたんです。深夜枠のオーディション番組で最終に選ばれた方は岡本真夜さんプロデュースの楽曲を提供して頂けるという内容だったのですが、このオーディション番組にデモテープを送ったんです。私が送った音源はアコースティックギター1本でカーペンターズを歌ったもの。ダンスミュージック全盛期だった当時では新鮮に写ったようで最終まで勝ち残り、歌手としてデビューすることになりました。
思いもよらぬ展開になりましたね!そこから歌手としての人生がスタートされたのですね。
石井 岡本真夜さんをはじめ、アーティストの方々に曲を書いて頂いたというのはある意味ラッキーでした。あまり物怖じしない性格で、頂いたお話はとにかくまずはやってみる!というスタンスで行動していたものの、このように歌手としてデビューすることができたのは本当に出会いとチャンスに恵まれたんだなと思います。デビューしてからは自ら書き溜めていた歌詞をファーストアルバムの曲に入れて頂いたり・・・。歌を歌うことがやはり好きなので嬉しいですよね。
独自の世界観をもった作家の作品を歌いこなす1人のアーティストとして、大人の女性の色気を感じさせる石井さんですが、歌う時はどのような「思い」で歌われるのでしょうか。
石井 デビュー当時は等身大の詩を歌っていましたが、最近は歌謡曲という未経験のジャンルに挑戦しています。歌謡曲の世界観というのは私にとって非日常の世界。それなりに歌詞の中にある物語を演じている部分もありますが、この歌の世界をガチガチに創るというよりは、あまり構え過ぎないで歌うようにしています。変に意識するよりも自然体で歌う方がいいテイクが取れるんですよね。
6月24日にリリースされる「7㎝」には3曲収録されているとのことですが、1つのストーリーとして繋がっているとか?
石井 今回リリースする楽曲は3部作構成で、私世代のバリバリ仕事をしている女性が主人公のストーリー。”恋より仕事よ!”と思いつつも”これでよかったのかな?”という女性の迷いや心理が変化していく様を描いています。「局」を初めて聞いた時は「え!」と驚きつつも面白いなと素直に感じましたし、タイトルとなっている3曲目の「7㎝」では”恋なんてもうしない!”と思っていた女性が、男性と出会うことによって、本来の自分に戻れるという物語ですので、女性には共感できる部分もあるのかなと。是非、カラオケで歌ってもらいたい曲ですね(笑)。
現代の働く女性に向けて、この曲の聴きどころは?
石井 女性の社会進出はもちろん、家庭を持ちながら仕事をする女性が増えていますよね。この曲に登場する女性は自分に鎧を着せているというか、甘い心や自分らしさを封印して一生懸命に頑張っている姿が目に浮かびます。歌詞にも出てくる「これ以上出世させない!」という言葉は働く女性のプライドや世間体をよく表している言葉で、女性がいる職場や女子会などでは話題として出てくるリアルなキーワードですよね。歌詞を書いてくれたシュンゴさんはよくぞ女性の心理を切り取ってくれたなぁと思います。
タイトルとなった「7㎝」の歌詞には甘い恋に落ちる女性の心情が描かれていますが、「7㎝」に込められた思いとは?
石井 歌詞の中にある「7㎝」はヒールを指していますが、7㎝という微妙な長さは対人関係を表現していると私は思っています。ちょっと相手との距離を変えることで見えてくるものや、視点を変えることで気付くことってありますよね。この微妙な距離感を少し変えるだけでも自分の人生を大きく変える「きっかけ」になるんじゃないかなと。この「7㎝」の歌詞にはキャリアウーマンが恋に落ちていく素直な心が描かれていますが、歳を重ねて大人になったとしても、こういう女性の部分は忘れないでいたいなと感じさせてくれます。なによりも、こんなにスイートな歌詞は今の歌謡曲の中では珍しいと思うので、この世界観に浸れる時間は女性であることを思い起こす良いきっかけになれればいいですね。私自身もこの作品を歌わせて頂くことで改めて考えさせられました。
ますますお忙しくなると思いますが、今後チャレンジしてみたいことなどありますか?
石井 これまでの音楽活動はアコースティックにこだわっていました。アルバムを制作する時もできるかぎり生の楽器を取り入れていましたが、今回リリースする曲にはEDMが入っているのでそれをどのようにしてライブで表現していくか思案している最中です。というのも、聞いてくださる方と一緒に空間を作り出すライブは私にとってすごく貴重な時間。特別な時の中でどのようにしてメッセージを伝えていくのかをまさに考えているところです。また、私は音楽活動だけがライフワークではないので、自分が心地良いと思うものを色々な形にして伝えていけたらと思います。人によって心地よさの基準は異なりますが、自分自身が心から良いと感じるものを見つけて届けていくことができれば最高ですよね。私はコスメや美容のお仕事にも携わっているので「美」と「音楽」をリンクさせたイベントやライブで気持ちをシェアできるような「場」を創り出せたらと思います。
インタビューには白い肌に映える淡いピンクのワンピース姿で登場してくださった石井聖子さん。CDジャケットのような艶のある妖艶なイメージとは全く違う、等身大の姿をしっかりと魅せて頂きました♪6月24日、約2年ぶりに発売される新曲も是非、チェックしてみてくださいね!
information
石井聖子さんが手掛けるコスメブランド「Finggy」のポップアップストアが開催!
7月13日から21日までの9日間、松屋銀座1Fプロモーションスペースにて期間限定で登場します♪
約2年ぶりとなるコロムビア移籍第4弾シングルがついにお披露目!
2015年6月24日(水) リリースされるので要チェック☆
「7cm」
1.「局 TSU-BO-NE」
2.「Irony」
3.「7cm」
Lyrics:shungo / Music&Arrangement:大谷靖夫

石井聖子オフィシャルサイト
http://www.seikoishii.com

Blog
http://ameblo.jp/seikoishii

日本コロンビア
http://columbia.jp

FINGGY
http://finggy.com

カメラマン 松澤あきえ

  • 石井さん後編はこちらから
  • Bimajin Storyの過去記事は下記をクリック☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Others By

    美少女コンテスト出身、世界へ羽ばたくチョークアーティスト 松下萌子さん【前編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/22

    得意の料理で体調管理と体型維持しています 中川知香さん【後編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/08

    ミス・ワールド日本大会をきっかけに夢物語が実現! 中川知香さん【前編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/01