このエントリーをはてなブックマークに追加

1d3dc99cace42245e76716fb964114d6
Blank

日焼け止めは1年中マスト 紫外線だけでなく、PM2.5などの大気汚染ダメージ、 暑さや湿度からもお肌を守ってくれます。

色々なタイプの日焼け止めがあるので、 どれがいいかいつも迷ってしまう、なんて方も多いはず。 日焼け止めは、タイプによって特徴もさまざま。 TPOに合わせて使い分けるのもオススメ

≪クリーム≫

保湿力が高いので、スキンケア感覚で紫外線から お肌を守ってくれるクリームタイプ。 保湿力が高い分、油分が多いものもあるので、 化粧崩れや、暑い時期は汗と混じり皮脂が出やすい、 なんて点も・・・ ウォータープルーフ選ぶと○ また、毛穴に詰まりやすいので、クレンジングで しっかりと洗い落としましょう。

≪乳液≫

肌への負担が少なく、スッと伸びもよいのが乳液タイプ。 ベースメイクとの相性もよく、肌なじみも○ 白浮きの心配も少ないです。 1年中使う鉄板日焼け止めにはこのタイプがオススメ

≪ジェル≫

なめらかでみずみずしいものが多いので、 夏場にはもってこいのジェルタイプ。 デコルテやボディにも気軽に使えます。 また、サラサラしていて手が汚れないので、 外出先の塗り直しにも○

≪スプレー≫

手の届かない背中などにも使いやすいスプレータイプ。 外出時、塗り直しの手間が省けて○ また、髪のUVカットもしっかりできます。 ムラができてしまう心配があるので、 かけすぎてしまったら、指で伸ばすなどして、 気をつけて塗りましょう。

≪バーム・スティック≫

バーム・スティックタイプのモノは、 リップクリームやボディ用が多いです。 オイルや美容成分が入っているものだと、 艶のあるボディを演出してくれます。 耐水性に優れていますが、のびが重いので、 顔用を使用するときは、鼻の頭など部分使いで。

≪パウダー≫

しっかりと紫外線対策をしたい! そんな時は、クリーム、乳液、ジェルの日焼け止めの上から パウダータイプの日焼け止めをON 顔の塗りなおしも、パウダーならササッと簡単便利♪

顔やボディで色々と使い分けて、 自分にベストな日焼け止めを見つけてみては♡


Writer: 伊東夕佳

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

人気の最新ダイエット事情をまとめてチェック!(後編)
Blank

水着やノースリーブを着こなしたい!

ビューティー / 2019/06/06

女性の悩み「冷え」を何とかしたい!内側から体質改善を目指す方法とは?
Blank

ビューティー / 2018/10/19