このエントリーをはてなブックマークに追加

570a0217974c3b99f0b6e126bea35fe5
Blank

女性が自分の夢を叶えられる・・・ そんな時代に私たちは”今”を生きています。 大好きなことをそのまま仕事にすることができる、やるかやらないかはチャンスを掴むのは自分次第・・・。 不安と期待の間で悩んで考えて、決めた答えを信じてみたい。 そんな思いと共に夢を実現した女性ネイリスト・小田倉良子さんを今回はインタビュー。他人から見られる華やかなお仕事から、自分が他人を美しくしていくお仕事へと変えていくその心とは? 「こんなきっかけもあるんだ!」と思わず頷いてしまうお話を聞かせて頂きました♪
ルミエールプラチナムを立ち上げる前はどのようなお仕事をされていましたか。
小田倉 キャンペーンガールやレースクイーンをはじめとした芸能活動をしていました。常に人から見られる職業だったということもあり、美意識は高まりましたね。小さい頃からマニュキュアやメイクに人一倍関心が強くて、母親のお化粧をよく眺めていたのを覚えています。もともと好き、というのもありますが、芸能活動をしていると自然に美容やファッションに関することにはアンテナをはっていたと思います。それに、ちょうどその頃から、友人にネイルアートをやってあげていたりもして。ネイル本などを見ながら自分で研究をしてネイルアートを作っていました。趣味から始まったことが、少しずつ意識し始めて・・・。自分の中で「ネイリストになろう!」と決めてスクールにも通いましたね。
ネイルアートはご自分で研究をされていたのですね!それが今の仕事のルーツになっているのでしょうか。
小田倉 もともと細かい作業が好きで、仲の良い友人に自分で作ったネイルチップをプレゼントしていました。そのネイルチップを友人が褒めてくれたのが嬉しくて。何かを作ることが好きで、その作った作品をダイレクトに喜んでもらえる姿を見ることが私にとってすごくモチベーションが上がることだなとその時に感じました。その後、「ネイリストになってみたら?」という友人の言葉でネイルスクールを調べて通うことにしたんです。
芸能活動をしながらスクールに通う・・・!なかなかハードな生活だったのではないでしょうか?
小田倉 そうですね。ネイルスクールを卒業した後はそのスクールの中でネイルのインストラクターとして働きました。一時は芸能活動とスクールの講師を両方兼任しながら活動していましたが大変だなとはあまり感じませんでしたよ。人に教えることは楽しかったですし、自分自身も勉強になることが多かったのでとても良い経験をさせて頂いたと思います。
ネイル講師と芸能活動とバランスよくお仕事されていたように見えますが、独立をしようと思ったきっかけは?
小田倉 まず、芸能活動をこのまま続けていくべきか、ということを考えさせられました。先が長い仕事ではないし、ずっとできるわけでもない・・・。仲の良い友人も既に独立していて。この先どうしていこうか、私のやりたいことは何なのかと考えていた時に自分のお店を持ちたいと思ったんです。知人からちょうど良い物件の話を頂いていたというタイミングもあり、じゃぁトータルビューティーという形でサロンを立ち上げようと決めて行動に移しました。
ご自分のお店をスタートされた時はどのような感じだったのでしょうか。
小田倉 スタートは3人からでした。当初は複合サロンとして他のサロンとシェアしていたのですが、お店も改装を重ねて・・・。自分の理想のお店作りを目指しました。地下にあるため、自然光が入らないので暗い雰囲気にならないように明るくて清潔感があることを常に意識していましたね。女性の方が素敵だなと思って頂けるインテリアをセレクトし、来られた方がラグジュアリーな気持ちになれるような隠れ家サロンとなるよう、私自身のイメージや希望を伝えながら内装業者とお話して決めていきました。
確かに店内のインテリアは開放感があって一つ一つのインテリアもとってもお洒落で繊細ですよね。でもスタートした当時はお店の知名度を広めるのも大変だったのではないでしょうか?
小田倉 そうですね。初めは知人や友人の口コミで広めてもらいました。私自身芸能活動をしていたので、タレントやモデル、レースクイーンなど他人から見られるお仕事をしている人が周りには多くて。美に関心の高い女性に安く技術を提供できる環境を作ってあげたいと思い、知り合いの芸能事務所などにもお声掛けをさせて頂きました。そこから少しずつ認知して頂けるようになり、雑誌やメディアからも取材のオファーがくるようになりました。
人との繋がりと小田倉さんの想いがそのまま形になったのですね!
小田倉 現在は美容師やネイリスト、足師合わせて約10名のスタッフと共に運営をしていまして、それぞれの分野におけるエキスパートが集まった「トータルボディメンテナンス」ができるサロンとして注目して頂いています。特に、”足師”と呼ばれる足のスペシャリストが身体の土台となる足裏から全身の軸を通し、バランスを整えていくトータルボディケアは大好評でリピーター様も多いです。
ルミエールプラチナム代表・小田倉良子さん《前編》いかがでしたでしょうか。 《後編》ではスタッフと円滑にコミュニケーションを取る方法やこの春参考にしたいネイルアート、小田倉さんがハマっている美容法など、女の子が気になる情報をお届け致します♪
  • 小田倉さん後編記事はこちらから☆
  • Bimajin Storyの過去記事は下記をクリック☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Others By

    全日本国民的美少女コンテスト出身、世界へ羽ばたくチョークアーティスト 松下萌子さん【前編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/22

    得意の料理で体調管理と体型維持しています 中川知香さん【後編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/08

    ミス・ワールド日本大会をきっかけに夢物語が実現! 中川知香さん【前編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/01