このエントリーをはてなブックマークに追加

D5594a1612e67998c6788b634aa35e4e
Blank

今回はBImajinらしく美容に関する記事を書きたいなと思います。 台湾の女の子は外出時にお化粧をバッチリしているという子は少ない気がします。 もちろん何かのパーティーや、授賞式など特別な場合は別ですが。。 因みにそのような場では、反対に日本人がなかなかしないような、奇抜で激しすぎるメイクだったりします。。
普段はサラっと素肌で外出する子が多いです。化粧品で肌に負担をかけていないからか、 台湾の女の子の肌はとっても綺麗。遺伝なのか、色白な子が多く、白くて綺麗な肌にたびたび見とれてしまいます。台湾の夏はものすごく日差しが強いので、どんな美容法を取り入れているのか気になりますよね。産まれながら肌黒め女子な私が「肌白くていいなー」と羨ましがっていると、友達が「これいいよ!」と、教えてくれたものを紹介したいと思います。

それは・・・、自分でも簡単に作れる台湾スイーツ 薏仁湯(イーレンタン)です。

薏仁(イーレン)とはハトムギのこと。そう。爽健美茶の歌にある「ハトムギ、玄米、月見草〜♪」あのハトムギです。ね!もうなんだか綺麗になりそうな気がするでしょ?笑 友達が作ったのを食べさせてもらったのをきっかけに、早速自分でも作ってみようと薏仁を買ってみました。台湾のスーパーで普通に手に入るのでとってもお手軽!こんな風に袋に入って売っている薏仁。白くて硬くてお豆みたいです。

それを笊に出して洗い、炊飯釜の中に入れます。 そして、水を適当な量、だいたい薏仁が全部被ってあと2センチくらいでしょうか。 ほんとに適当な量で大丈夫です。そして、炊飯器のスイッチをオンにして炊きます。

私がこの時に使ったのは、台湾の伝統的な炊飯器「大同電鍋」(ダートンディェングオ)。

スイッチが一つしかない炊飯器です。水を敷いて、その内側に炊飯釜をいれて、スイッチを押します。

蒸し器としても大活躍! 家に電子レンジを置いていない私は、チンしたいものを全部この大同電鍋で済ませています。 台湾の家庭には必ず一台以上はあるといっても過言ではないほど、台湾の家庭に深く根付いているアイテムです。”郷に入っては郷に従え”で台湾に来てすぐ、期間限定色のイエローカラーを見つけてこれは今買わなければ!と、購入して以来、大活躍しています。

さて、一回目炊いた時に出たお湯は、薏仁水として取っておきます。 薏仁水は利尿作用があるので、むくみが気になる時に飲むとむくみが解消されます。 薏仁水を多めに摂りたい場合は、最初に入れる水の量を多めにするようにしてください。 水を確保したら、さらに薏仁の入った炊飯器に水と、好みの砂糖もしくは黒糖、氷砂糖、を入れてもう一度炊きます。 ちょっと甘いかな、と思うくらいで炊き上がるとちょうどいい甘さになります。 そして炊き上がったらできあがり。

一袋の薏仁を炊くと倍以上に膨らんで大量の薏仁になります。

とても一人では食べきれないので、おすそ分けにしたり、幾つかに分けてタッパーに入れ、冷蔵庫の中で保存しています。でも、完成したものはそんなに長持ちしないそうなので、早めに食べるのがオススメです。私は朝ごはんにして、毎朝食べていました。結構お腹も膨れるし、寝起きのむくみも取れていい感じですよ。

一袋炊くのが多過ぎるようであれば、一回目に炊いて、砂糖を入れる前の状態を小分けにして冷凍保存してみてください。必要な分だけ炊くという方法もオススメです。 タンパク質・カリウム・鉄分・ビタミンB群・ ナイアシン・パトンテン酸・ビオチンなど、美肌づくりには書かせない成分ばかり豊富に入っている薏仁。嬉しいことにカロリーも低めです。 お米の8倍もの食物繊維を含んでいるので、腸内環境を整え、便秘を改善してくれる効果もあるそうですよ。

しばらく私もこの薏仁を継続していきたいと思います。 効果はまた報告しますね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

愛玩客で台中ドキドキの初体験  その1〜どこか懐かしいおじいちゃんの味の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2018/10/11

台湾中秋節でバーベキュー大会 〜台風にも負けず道端に人が大にぎわいの巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/27

台湾ならではの「赤ちゃん風習」 〜1ヶ月記念日に届いた美味しい贈り物の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/20