このエントリーをはてなブックマークに追加

E12137e18a366e813a02f08244023999
Blank

今回は、2005年にテレサ・テン追悼曲「永遠のひと」で日本正式デビューを果たした歌手のエンレイさんにインタビュー!舞台やCMソングなど、幅広くご活躍されているエンレイさんの生い立ちや、日本で活動することになったきっかけなどをお伺いしました。
エンレイさん、ご出身はどちらですか?
エンレイ 私は中国の田舎に生まれました。景徳鎮(けいとくちん)ってご存知ですか?焼き物で有名な街なんですけど、聞いたことはありますか?焼き物しかないみたいな街なんですよ。英語で中国のことはチャイナって言いますよね、景徳鎮の元々の名前は昌南(チャンナン)と言うんです。そこから英語のチャイナがきています。

テーブルに乗って歌っていた子ども時代

そうなんですね!知りませんでした。ところで、歌手になろうと思ったのはいつからなのでしょうか?
エンレイ 母の話によると、3歳の頃から私は歌っていたみたいです。一度曲を聞いたらすぐに覚えて歌ってしまう、みたいな感じですね。その当時、中国にはラジオしかなくて、音源もLPの時代で、よく家のテーブルに乗っては歌っちゃう感じだったらしくて。それで、両親がこの子には歌の才能があると思ったので、歌の勉強をさせてもらっていました。そうしているうちに、歌の大会などで優勝することがあったりして、自分も歌に対する自信がついてきました。だから、このまま歌の道に進もうと決めたんですよね。京劇も勉強しましたし、音楽学院にも入りました。

表現の自由がある日本は素晴らしい

日本にはいつ来たのですか?
エンレイ 日本へ最初に来たのは、中国と日本の芸術文化交流みたいな催しがあったときです。日本に来てもう16年が経ちました。
日本の印象はどうでしたか?
エンレイ 日本は、とても自由な国だと感じています。音楽ジャンルもたくさんあって、なんでも聴くことができますよね。だから、自分は音楽をもっともっと日本で勉強していきたいなと思いました。  中国は芸術に関して伝統を守るために厳しくこだわりをもっているけれど、一方、日本みたいに民主主義ではなく社会主義なので一人一人の人権にさまざまな制限があるんです。でも、日本だと自由にいろんなことを話せますよね。中国がさまざまなことを制限しているので、表現の自由が保証されている日本は素晴らしいです。だから、このような日本の環境で自分の表現したいことができたらなと思ったんです。

サントリー烏龍茶CMソングで話題に

日本に来て大変だったことはありますか?
エンレイ そうですね…本当にいろんなことがありましたね。日本に来てもう16年経ちましたから。まずは、なにも出来なかったので、日本語はかなり勉強しました。本当にいつになったら日本語が上手になるんだろうって不安で。(笑)日本にきて10年くらい経ったときに、ようやく日本語を覚えられたなと思いました。
日本に来てからはどんな活動をされていたんですか?
エンレイ 最初は、コマーシャルソングでオファーをいただきました。あとは、「青春のポップス」という番組、ご存知ですか?西城秀樹さんや西田ひかるさんが出ていた番組です。そちらに参加したりしていました。あとは、サントリー烏龍茶のコマーシャルソングになったペッパー警部やラムのラブソングが好評でCDになったりしました。それから、舞台のお仕事をいただくようになりましたね。

テレサ・テン10周忌記念イベントで正式デビュー

テレサ・テンさんとの関わりが深いようですが、どのようなところから繋がっているんですか?
エンレイ 2005年が日本での正式デビューなんです。この2005年というのが、テレサ・テンさんの10周忌のときで、テレサ・テンさんのトリビュートソングでデビューをさせていただきました。これがきっかけです。10周忌を記念したイベントがあったのですが、そのイベントで中国代表としてステージに立たせていただきました。日本の報道陣が結構来ていたので、TVでたくさん報道されたりして。新聞社もすごくたくさん来ていましたね。そのきっかけで、テレサ・テン財団の方とも仲良くさせていただいているんです。 当時のレコード会社の企画で沖縄で活動することになったんですけど、沖縄って結構国際的なところじゃないですか。アジアの交差点みたいなかんじ。そこで中国と似ているところもあります。沖縄では、沖縄のミュージシャンと一緒に活動しましたよ。沖縄でずっとヒットしていた時期があって、その活動を終えてから舞台活動もはじめました。 それも、日生劇場でテレサ・テンさんの役を演じるというもので!大役でした。黒木メイサさんや宝塚の方とか、筧利夫さんとの共演も経験させていただいて、すっごくいい舞台でした。かなり注目されていたみたいで、上演当時からこんなに時間が経っているのに「劇場への招待」という番組で何度も放送していただいてるんです。素晴らしい舞台で、私は運が良かったと思います。だって、いきなり日生劇場ですよ。「やりきった!」という感じです。

(撮影:上平庸文 / インタビュー:関亜紀子)

  • エンレイさん後編記事はこちらから!
  • エンレイ プロフィール
    中国江西省・景徳鎮生まれ

幼少期から歌唱力を認められ中国国立の音楽院に入学。
「流星雨」で北京チャート1位を獲得後、拠点を日本に移す。
2005年テレサ・テン追悼曲「永遠のひと」で日本デビュー。 CMソングでは、サントリー烏龍茶「ラムのラブソング」「ペッパー警部」みずほ銀行「Happy bank day to you」(井上真央主演)等を歌唱。
テレビ「李香蘭」(上戸彩主演)で劇中歌歌唱など、 多彩な活動を展開。

    NEWS!!
    テレサ・テン(鄧麗君)メモリアルコンサート
    ~没20年追悼チャリティ音楽会~

    <公演概要>
    司会:徳光和夫

    3Dホログラム映像出演:テレサ・テン

    出演:エンレイ /五木ひろし / 荒木とよひさ / 伍代夏子 / 長山洋子 / 夏川りみ / 田川寿美 / 内田あかり / 一青窈 / 他調整中(海外)王静、陳佳

    公演日:2015年5月23日(土)
    開場:(1)13:30  (2)18:00

    開演:(1)14:00  (2)18:30

    会場:渋谷公会堂
 http://www.shibuko.com/access

    東京都渋谷区宇田川町1-1

    TEL:03-3463-3022


    詳細はコチラ!http://en-ray.asia/news.html

    シングル「サヨナラは・・・あなたから」1月28日リリース
    収録曲目
    1.サヨナラは…あなたから(オリジナル)
    2.硝子の愛(オリジナル)
    3.サヨナラは…あなたから
    (オリジナル・カラオケ)
    4.硝子の愛
    (オリジナル・カラオケ)

    価格:1,300円[税込]
    商品番号:PCCA-70426
    レーベル:ポニーキャニオン
    購入URL:http://www.amazon.co.jp/dp/B00S1BCKCG/ref=mu_dm_alb_dp

    アルバム「蒼き星に生まれて」3月18日リリース
    収録曲目
    1.糸 (カバー)
    2.サヨナラは・・・あなたから
    3.空港 (カバー)
    4.蒼き星に生まれて
    5.心凍らせて (カバー)
    6.大連の桜
    7.忘れないで~time to say goodbye~ (カバー)
    8.私には歌がある
    9.都会の天使たち (カバー)
    duet with荒木とよひさ
    10.硝子の愛
    11.リンゴ追分 (カバー)
    12.テレサの羽根

    価格:3,240円[税込]
    商品番号:PCCA-04188
    レーベル:ポニーキャニオン

    Bimajin Storyの過去記事は下記をクリック☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Others By

    チョークアートからキャンドルアートまで、新しい才能を発信! 松下萌子さん【後編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/29

    全日本国民的美少女コンテスト出身、世界へ羽ばたくチョークアーティスト 松下萌子さん【前編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/22

    得意の料理で体調管理と体型維持しています 中川知香さん【後編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/08