このエントリーをはてなブックマークに追加

712a11ebeab6e5e735a02fa15f8b9b3b
Blank

「キレイなだけの時代は終わった」
インパクト大のキャチフレーズでメディアやSNSで話題になっている美LIFEクリエイター長谷川朋美さん。高校中退、渋谷109のカリスマ店員、サロン経営・・・。誰にも負けない強い信念と男顔負けの行動力で自分の夢を実現するまでに至った道のりとは? 1人の女性として、起業家として、波瀾万丈な人生を歩んできた彼女が選び、実践してきた価値観は現代社会を頑張る全ての女性に伝えたいことばかり。仕事やプライベートでつまずいた時に見てほしい。長谷川朋美さんが発信するポリシーをインタビューさせて頂きました。
現在はサロン経営のノウハウから対人コミュニケーションやコーチング、美容、健康、ライフスタイルに関するセミナー講師、美容品のプロデュースなど幅広い分野でご活躍されていますが、以前はどのようなお仕事をされていたのでしょうか。
長谷川 もともとファッションや美容、女性ならではの華やかなものが大好きで、中学3年の頃からオシャレに目覚めました。この時から早く社会人として働きたいと思っていたこともあり、高校は自分の意思で中退。東京に上京して一人暮らしをすることからスタートし、当時人気だった渋谷109でショップ店員として働いていました。ちょうど渋谷109が大流行していたこともあり、とても憧れていたんです。雑誌モデルとしても露出していたのでカリスマ店員としてメディアに出演していた時期もありましたよ。
ちょうど15年ほど前ですね!確かに渋谷カルチャーがものすごい勢いで流行っていましたよね。
長谷川 はい。たしかに表舞台もやりがいがあって楽しかったのですが、私自身は企画運営側の仕事をしたいと考えていたので、本社に掛け合いました。もともと友人の誕生会を企画する、欲しいものを手作りするなど、アイディアを形にしていくことが好きでしたので店頭よりも仕掛けていく側の仕事に興味があったんです。そのために、とにかく店鋪の売上を作って。そしてちょうどその頃、読者モデルとして雑誌に登場する機会も増え、そこからショップの広告塔としても雑誌やメディアの対応をさせて頂きました。アパレル会社ではその後、プレスや企画もさせて頂いていたのですが、一方で雑誌モデルから芸能事務所のお声かけも頂いて一時期芸能のお仕事もしていました。ですが自分の中でしっくりとこないな、と思うようになってしまい・・・。その頃から自分でビジネスをしたい!と考え始めました。
ずいぶん早くから起業することを考えていらしたのですね!何かきっかけがあったのでしょうか?
長谷川 21歳の頃、自分のこれからの人生について考え悩んでいた時期に、思い切って海外を一人旅したのですが、そこから私の価値観が一変。美に関することをトータルプロデュースできるサロンをやってみたい!と思い、この一人旅をきっかけに将来のビジョンを固めていきました。海外で出会ったことや感じたことを忘れないうちに、帰国後は起業のためにすぐに行動。帰国後エステサロンに応募して、勤務しながら学校も通い、資金を貯めるために夜もバイトをしたりしながら、22歳でビューティーサロンを立ち上げました。22歳から30歳までの8年間で6店鋪のトータルビューティーサロン経営をするまでに至りました。
ものすごいバイタリティですね!ゼロから起業することはとても大変なことですが、どのような思いで行動されていましたか?
長谷川 迷ったら、まずはやってみる!人がやらないことをやってみる!これが私の信条。他の人と違うことをしてきたからこそ、今の私が在ると思っています。サロンを始めた当初、「アートメイク」からスタートしていたのですが、当時の日本では殆ど浸透していなかったんですね。だからこそチャンスだ!と思い、早い段階で色々なことを試し、実践していました。少しずつ美容界に広まり、一般にも認知された頃には私はまた次の段階に進んでいましたので価格競争に巻き込まれることもありませんでした。今まで積み上げてきたことを踏み切る決断する勇気と先を見る力、モチベーションのコントロール、これらを私はずっと大切にしています。
決断する勇気・・・。言葉では簡単ですがなかなか実行することは難しいですよね。長谷川さんはどのようなことを基準に決断されていますか?
長谷川 私の場合、6店鋪経営していたビューティーサロンを30歳の時に全て手放して、今のビジネススタイルに方向転換しています。私がビジネスを選ぶ基準は、まだ誰もした事がないこと、自分自身が心からワクワクすることが絶対。「すごく良い!!」と思うものは積極的に取り入れてきましたし、信じているものをオススメしているからこそ、お客様からの信頼を頂くことができました。現在のお仕事は「自由であること」「クリエイティブであること」「チャレンジすること」を追求した結果、自然に今のスタイルになったという感じです。時間と場所に捕われず、自分の感性やアイディアがそのままビジネスに繋がることが私にとって、すごくワクワクして幸せなことです。
長谷川さんにとって「仕事」=「ライフワーク」のような存在なのですね。
長谷川 時間や場所に制限がなく、自分の好きなことや趣味がそのまま仕事に結びついているのでビジネスなのですが、私の中では「ライフワーク」という感覚ですね。子どもの頃からディズニーのような、エンターテインメントとホスピタリティの世界が大好きで、気が付けば新しいアイテムやイベント企画について考えているんです。自分のビジネス=大好きなことなので、仕事をしていて辛いとか大変、という気持ちはまずありません。
興味や関心のあることに対して、とても勉強熱心だなと感じたのですが、もとから勉強をすることがお好きなのですか?
長谷川  勉強というよりも、自分の興味のあることに対して徹底的に知りたい!という気持ちが強いんです。学校の勉強は正直あまり興味がありませんでした。それよりも心から「これをやりたい」と思うことに対して、どのような知識を付けていけばいいのかを考え、学んでいく方がやる気の度合いが違います!私は興味のある分野を突き詰めていった結果、20代前半に「コーチング」に出会い、自分自身と向き合うことについてとても考えさせられました。まずは私自身が学習して理解する、そこから人に伝えること(アウトプット)で自分の理解を深める(インプット)ことをして、スキルを築き上げていく。そこで価値観を共有できる人と、また新たなビジネスを手掛けていく・・という人との繋がりの大切さを、今仕事を通して体感しています。
美についてとても詳しいと思うのですが、最近のマイブームはありますか?
長谷川 ホリスティック美容や健康に関しては、常にアンテナを張っています。スリランカやフィリピンに行った時に医療とヒーリング、スパが融合したような大自然の中にある施設に足を運んだのですが、もう感動です!洗練されたSPAのような空間にドクターがいて治療もできるステキな場所で。日本ではまず見られない光景でした。ヨーロッパでは既にアロマが保険適用されている国もありますが、日本ではもちろん適用対象外で雑貨という扱いです。欧米に比べてまだまだだなと感じる部分もあるので、そういった情報をいち早く取り入れて体感し、自分なりに咀嚼して発信していきたいです。個人的にはココナッツオイルがオススメ。ラウリン酸の含有量が多く、脂肪に変換されずエネルギーに変わってくれるという優れものなんです。代謝が良くなるだけでなく、抗菌・抗ウィルス作用もあり、免疫力を上げてくれます。身体にとっても有効な成分が豊富に含まれていますし、食べる、塗る、など様々な用途で使うことができるというのがポイントですよ♪
フィリピンがビューティーに繋がるというのはなんとなく意外ですね。海外なら他にどんなところがオススメですか?
長谷川 海外に一人旅をしてからすっかりハマってしまって。中でもモナコがお気に入りです。暖かい地中海の海と気候とそこに住む人・環境・全てが洗練されていて刺激を受けます。そして道行く人や店員さんは、とてもフレンドリーでスマート。他にはパリやハワイも大好きです。海外にいくときは、あえて肩の力を抜いてローカルなライフスタイルを過ごすことが私流です。

自分が良いと思うこと、好きと思うことを純粋に学び、行動に移して「ビジネス」に発展させた美LIFEクリエイター長谷川朋美さん。同じ女性としてその生き方に憧れますよね。《後編》も長谷川さん独自の価値観を掘り下げていきますのでお楽しみに♪

  • 長谷川さん後編記事はこちらから☆
  • 美LIFEクリエイター/作家
    株式会社ルミエール代表
    長谷川朋美オフィシャルサイト

    http://www.tomomihasegawa.com

    公式ブログBEAUTY☆LIFE
    http://ameblo.jp/lumiere-beauty

    公式YOU TUBEチャンネル
    https://www.youtube.com/user/lumieretomomi?feature=watch

    美容と健康、オーガニックなライフスタイルの提案
    長谷川朋美オンラインショップLUMIERE SELECTION

    http://lumiere-selection.com

    著書「やりたいことを全部やる人生」
    ~仕事ができる美人の43の秘密~

    http://www.tomomihasegawa.com/lp_book

    Bimajin Storyの過去記事は下記をクリック☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Others By

    チョークアートからキャンドルアートまで、新しい才能を発信! 松下萌子さん【後編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/29

    全日本国民的美少女コンテスト出身、世界へ羽ばたくチョークアーティスト 松下萌子さん【前編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/22

    得意の料理で体調管理と体型維持しています 中川知香さん【後編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/08