このエントリーをはてなブックマークに追加

7b8a559cee0ef1cb3aa926f11eecc8be
Blank

キレイになりたい。_イイ女になりたい。_そんなとき、男性からの意見は欠かせません。_今をときめく旬な男性をbimajin編集部がピックアップ__”かっこいい男の生き方”や”かっこいい男が見る女性論”を直撃インタビューするbimajinの特別連載コラム「MEN'S EYE」!

今回は、原宿表参道に大きな店舗を構えるMINX原宿のトップデザイナー知念弘行さんのインタビュー後編!美容師として心がけていることや、結婚観についてなどについてお伺いしました♪

  • 知念さん前編はこちらから☆
  • 美容師として心がけていることはありますか?

    ん〜・・・あんまり美容師美容師にならないように気をつけています。あの、美容師のギラギラした感じがあんまり好きではないので。(笑)お客さんからの目線を意識するばかりに、ちょっと演じている感じになっちゃったりすると疲れちゃうじゃないですか。だから、極力このままでいるようにしています。  あとは、MINX原宿店に来るお客さんたちが、なぜ原宿表参道に来るのか、その意味をちゃんと考えなきゃなと思っています。後輩たちにもよく言うんですけど、うちの美容室は下町の美容室ではないのだから、そういったプライドが必要だってこととか。

    MINXってどんな美容室だと思いますか?

    MINXは活気のある職場ですね。かなり大きい店構えもしていますし。特に、カット技術に関しては、ここまでしっかりカリキュラムが組まれている美容室って他にはないと思える程、すごいしっかりしているんですよ。

    「美容室が苦手!」とよく話題にあがるのですが、美容室が苦手そうなお客さんってやっぱりいますか?

    もちろん!(笑)

    そういったお客さんに接客するときに心がけていることはありますか?

    そういうお客さんと、同じ目線、もしくは気持ち下であるということを心がけるようにしていますね。話し方とかも少し柔らかい感じにしています。具体的にいうと、「今日どういう感じにしたいの?」とかではなくて、「どんな雰囲気にもっていきたいですか?」とか。

    美容室の場合、髪に変化を加えたくて来ていることが前提なので、選択制にしています。雰囲気を変えたいのか、ただ整えたいだけなのかっていうのでわかりますし、カラーだと明るくしたいかしたくないか。この3つでだいたい読み取れます。カウンセリングには時間をかけますが、(選択制にすることで)話している内容はちゃんと美容について詳しく話せるのでいいと思います。 美容室に来るお客さんというのは、美容室の持ち場に入るというか、アウェイな感じですよね。だから、それに加えて上から目線な接客をされると、余計居心地悪くなると思います。 自分より年下のお客さんでも、学生さんでもなるべく敬語を使います。お店のブランドもありますし、接客にはかなり気を配っています。

    美容師さんって結婚が遅いイメージがありますが、実際はどうなんですか?

    美容師の結婚は、早いか遅いかって感じだと思いますよ。いつも終電まで働いて、平日休みの美容師のタイムスケジュールに合うと行ったら、デスクワークの方だと難しいかもしれませんね。同業者か、美容関係者、アパレル・・・とかになってくるんですかね。でも、アパレルの人でも厳しいかもしれないです。美容師と違ってカットの練習とかないですから。技術職は営業後に練習して、飯食いに行くので。 結婚はいつかしたいですね、子どもも好きですし、親戚の子どもと遊んだりとかもします。理想のパートナーとは、家に帰ってからでも仕事の話ができるような、お互いの仕事のことを尊重し合える関係がいいなと思います。

    それでは、最後に一言どうぞ!

    今年、MINXが30周年を迎え、その記念として原宿店がリニューアルオープンしました。カットの技術に関してはどこのお店にも負けない自信があります。「カットで失敗した!」「思い通りの髪型にしたい!」という方にはぜひいらしていただきたいですし、ボブやショートなんかはめちゃめちゃ得意なのでぜひ!!


    ありがとうございました!これから春に向けて、ヘアチェンジをしたいかたはぜひ知念さんのもとに訪れてみてはいかがでしょうか?とってもナチュラルでお話しやすい方ですよ♪
  • 知念さん前編はこちらから☆

  • プロフィール:MINX原宿トップデザイナー 知念弘行 Hi-6
    ハリウッド美容専門学校を卒業後、2006年に都内美容室MINXに入社。MINX central店、MINX harajuku店を経験し現在トップデザイナーとして在籍。 MINXのレベルの高いカット技術はもちろん、外人風カラーを得意とし、幅広い年齢層のお客様に定評があり、男性客も多数来店している。 〈活動内容〉 サロンワークを中心に活動し、サロンワーク以外ではヘアメイクとして店外での雑誌撮影、PV撮影、国内、海外でのセミナー講師として経験も積んでいる。 また Hi-6(ヒロ)の名で、2005年より渋谷、六本木、青山と都内CLUBにてDJ活動し、現在も多くのレギュラーイベントに積極的に参加。R&B,HIPHOPを軸に展開し、HOUSE,Disco,DanceClassicと長年アナログを掘り続けてきた確かな経験値と選曲を武器に都内各地のフロアをロックし続けている。 また美容業界、芸能関係者と幅広く交流を持ち、音楽の流行に関しても人一倍の嗅覚を持ち合わせている。 美容師とDJと2つの顔を持つ、今では数少ないマルチに活動する美容師の一人である。

    Twitter:https://twitter.com/hi6nexus
    Facebook: https://www.facebook.com/hi6nexus
    Instagram:http://instagram.com/hi6nexus
    Blog:http://www.minx-net.co.jp/staffblog/hiroyuki_chinen

    過去のメンズアイは下記から!ぜひご一読を☆

    Writer: セキアキ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Others By

    MEN’S EYE Vol.67 立花裕太《後編》
    Blank

    MEN'S EYE / 2017/05/08

    MEN’S EYE Vol.67 立花裕太《前編》
    Blank

    MEN'S EYE / 2017/05/01

    MEN’S EYE Vol.66 小沼将太《後編》
    Blank

    MEN'S EYE / 2017/04/10