このエントリーをはてなブックマークに追加

Edd57e0c22c04faa6ca51e1c8551aba4
Blank

キレイになりたい。
イイ女になりたい。
そんなとき、男性からの意見は欠かせません。
今をときめく旬な男性をbimajin編集部がピックアップ♪
”かっこいい男の生き方”や”かっこいい男が見る女性論”を直撃インタビューするbimajinの特別連載コラム「MEN’S EYE」!

今回は原宿表参道に大きな店舗を構えるMINX原宿のトップデザイナー知念弘行さんにインタビュー!サロンワークを中心に、サロンワーク以外ではヘアメイクとして店外での雑誌撮影、PV撮影、国内、海外でのセミナー講師など幅広く活躍されている知念さんからどんなお話が聞けるでしょうか♡

美容師になろうと思ったきっかけはなんですか?

実家が東京の床屋さんだったんです。小中高は僕、野球をずっとやっていました。大学=サラリーマンみたいなイメージがあって、スーツは着たくなかったんですよね。かといって、野球を奪ってしまうと自分には何もないなと思ったので、親の仕事を一緒にやろうかなと思ったんです。時代的に理容室より美容室の方がいいっていうことで美容学校にいって現在に至るという感じです。 なるべく早めに就職したほうがいいかなと思って。何もやることみつけずに大学生になって、遊んでいるだけみたいのに憧れがなくて。技術色強い仕事のほうがいいかなと思ったので。 最初からMINXに就職して、アシスタントは4年やりました。うちの場合は、カリキュラムがしっかりしているので、だいたい4年でテストを全部受けてスタイリストデビューできるようになっています。

アシスタント時代の苦労話などはありますか?

アシスタント時代はお昼ご飯を食べる時間がないくらい忙しかったので、大変でした。あと、アシスタントには昔、モデルさんの「100人切り」っていうのがあって、お店の始業前か営業後にカットモデルさんでカットの練習をするというのがあったんですけど、僕たちの代から「200人切り」になって。(笑)これをやるとなると1年くらいかかって大変だったんですけど、この練習があったからカットが上手くなったと思うし、お客さんを満足させることができたり、ミスすることなく仕上げられるようになったんだと思います。

200人!!モデルさんを集めるのは大変だったんじゃないんですか?

それが、全然困らなかったんですよ。僕は恵まれている方で、出身が東京っていうこともあるからだと思いますけど。よく、街で通行人に声をかけている人とかいますけど、僕はそういった経験はないですね。小中の同級生で初めのうちは対応できていましたね。同窓会は行けなかったけど、お店にはきてくれていたので、常にコミュニケーションとれているので良かったですね。

お仕事上、たくさんの女性とお会いされていると思いますが、知念さんはどういう女性が素敵だなと思いますか?

年齢関係なく自分をしっかり持っていて揺るがない人がいいですね。ファッションは、スカートよりパンツで、基本オンのときヒールだけど、オフの時はスニーカーみたいなほうが好きです。

女性の髪型の好みは?

これ、完全に個人的意見でいいんですよね?!(笑)ロング、前髪無し、髪は暗めがいいかな。前髪があるかないかってかなり大事で。前髪ってかなりその人のキャラが出るじゃないですか。前髪がパッツンの子はだいたいカジュアルでやわらかい印象ですよね。でも、前髪がなくて分けている人は、大人っぽいしセクシー。自分の見せ方を知っている人は前髪をつくらない人が多いかなと思います。

DJ活動など、美容師以外の活動も幅広くされているようですね!

「仕事が趣味です!」っていうのが一番嫌いで。仕事以外にももっと大事なことってたくさんあるでしょって思うんですよ。それが自分の場合はDJだったりして、「洋服が好き!」とかなんでもいいと思うんですけどね。

彼女がいるときは、イベントに来てほしいですか?

たぶん、来てもらってもあんまりいいことないかな。(笑)かまってあげられないので。一緒にイベントに遊びにいくとかはいいんですけどね!


ありがとうございました!後編は、美容師として意識していることや、美容室が苦手なお客さんはどうしているの?など、仕事のお話に掘り下げてお伺いしています!結婚観などについてもきいているのでお楽しみに!
プロフィール:MINX原宿トップデザイナー 知念弘行 Hi-6
ハリウッド美容専門学校を卒業後、2006年に都内美容室MINXに入社。MINX central店、MINX harajuku店を経験し現在トップデザイナーとして在籍。 MINXのレベルの高いカット技術はもちろん、外人風カラーを得意とし、幅広い年齢層のお客様に定評があり、男性客も多数来店している。 〈活動内容〉 サロンワークを中心に活動し、サロンワーク以外ではヘアメイクとして店外での雑誌撮影、PV撮影、国内、海外でのセミナー講師として経験も積んでいる。 また Hi-6(ヒロ)の名で、2005年より渋谷、六本木、青山と都内CLUBにてDJ活動し、現在も多くのレギュラーイベントに積極的に参加。R&B,HIPHOPを軸に展開し、HOUSE,Disco,DanceClassicと長年アナログを掘り続けてきた確かな経験値と選曲を武器に都内各地のフロアをロックし続けている。 また美容業界、芸能関係者と幅広く交流を持ち、音楽の流行に関しても人一倍の嗅覚を持ち合わせている。 美容師とDJと2つの顔を持つ、今では数少ないマルチに活動する美容師の一人である。

Twitter:https://twitter.com/hi6nexus
Facebook: https://www.facebook.com/hi6nexus
Instagram:http://instagram.com/hi6nexus
Blog:http://www.minx-net.co.jp/staffblog/hiroyuki_chinen

過去のメンズアイは下記から!ぜひご一読を☆

Writer: セキアキ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

MEN’S EYE Vol.67 立花裕太《後編》
Blank

MEN'S EYE / 2017/05/08

MEN’S EYE Vol.67 立花裕太《前編》
Blank

MEN'S EYE / 2017/05/01

MEN’S EYE Vol.66 小沼将太《後編》
Blank

MEN'S EYE / 2017/04/10