このエントリーをはてなブックマークに追加

D836a74e4e364b73292d08872c71ca26
Blank

山道を歩き回り、いい運動ができました。
ちょっとほっこりしたいなぁと思っていたら、なんだかとってもいい香りが。
あまーいその香りにつられて訪れたのはこちらのお店です。

0140406magazine_mariko_Vol21_01_01
line02

これ、何かわかりますか?

20140406magazine_mariko_Vol21_02_01

甘蔗汁(ガンズァジ)さとうきびの汁と生姜を混ぜ合わせたものだそう。
3時間くらいも火をかけてずっとずっと丹念に混ぜ続けると黄金色になって、粘りが出てくる。
私も混ぜるの体験させてもらいました。
大きな鍋でもう粘りもすごい状態だったので、結構力がいります。
「食べてみる?」
と、ご主人が少しすくってできたてを食べさせてくれました。
水飴みたいな、生姜の味がしっかりあって、ポカポカするような刺激のある味。
line02

しっかり煮詰めたところで、
平たい板に流して今度は自然に冷やします。

20140406magazine_mariko_Vol21_03_01
line02

しっかり冷めて固まったら、細かく砕いていく。

20140406magazine_mariko_Vol21_04_01

家族みんなで作業しているこちらのお店、砕くのは小学生の彼の担当です。
しっかりお母さんと息のあった仕事ぶり。えらいね!たくましさを感じました。
line02

砕いて商品になったのがこちら。

20140406magazine_mariko_Vol21_05_01

170元(550円くらい)から。
お湯に溶いて生姜湯として飲んだら体があったまるし、
生理の時とか女性に優しいミネラルがとれていいですね。
台湾では「生理中には黒糖が良い」と有名なようです。
友達に「食べたら」と、もらったことがあります。
生姜が入っていないものは、煮込み料理に使ってもいいコクがでて美味しいんだそうです。
そのままでもサクサクっと食べられます。

20140406magazine_mariko_Vol21_06_01

さとうきびが採れる季節は限られていて、今年はこれが最後の一回だそう。
貴重な今年最後の黒糖作りに参加させてもらって嬉しいな。
冬、タイミングが合えば誰でも体験させてもらえるそうですよ。
こちらのお店は民宿もされていて、お茶も作っているそうで、タイミングが合えばお茶作りも体験させてもらえるとか。
お茶作りの季節には合わなくて残念だったけど、伝統的な様式で阿里山の美味しいお茶をいただきました。
line02

入れ方も教えてもらって自分でもいれてみたよ。

20140406magazine_mariko_Vol21_07_02

美味しいお茶と香しい黒糖も合うなぁ〜。
仲良し家族のおもてなしに、すっかり癒されました。
line02

20140406magazine_mariko_Vol21_09_03
20140406magazine_marikoVol21_sub_title01_02
網址:http://wangding.okgo.tw/
地址:嘉義縣梅山鄉瑞里村97號
電話:05-2501006

line02

ここでも藤の花が綺麗に咲いていました。

20140406magazine_mariko_Vol21_10_01

瑞里の春は日頃の疲れや、都会の喧騒をしばし忘れさせてくれるような不思議な力があるのかも、と思える温かい人達と自然に迎えられた素敵な時間でした。
また違う季節にも訪れてみたいなぁ。

line03

20131006_BMJ_magazine_mariko09-03

大久保 麻梨子
長崎県生まれ。
2003年にデビューし芸能活動を続ける中、
2010年初めて一人3泊4日の旅行で訪れた台湾に一目惚れし、帰りの飛行機で台湾留学を決意。その半年後から台湾生活を始め中国語を習得し、仕事の拠点も台湾に移し現在、中華圏の広告、雑誌、ドラマなどで活躍中。夢は日本、台湾をつなぐ架け橋の様な人になること。

公式ブログ
http://ameblo.jp/marilog0907/
Facebookも日々更新中。
line04


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

台湾中秋節でバーベキュー大会 〜台風にも負けず道端に人が大にぎわいの巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/27

台湾ならではの「赤ちゃん風習」 〜1ヶ月記念日に届いた美味しい贈り物の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/20

台湾ソウルフード魯肉飯 〜勝手にランキング!私のナンバーワンな店の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/13