このエントリーをはてなブックマークに追加

18d79f7bcc82da3d2232d9f52186e777
Blank

作詞・作曲・アレンジメントを自らがすべて手がける実力派シンガーソングライターの二宮愛さん。最近では、TBS系列「UTAGE!」出演をきっかけに、「あの歌の上手い娘は誰?」と話題になり、これから大注目のアーティストです。後編では、愛さんの曲作りへの思いやTBS系列「UTAGE!」の出演への思いをお伺いします!

心から尊敬する人は夢を追いかけ続ける父

音楽業界以外で尊敬する人はいますか?
二宮 父ですね。某メーカーの二輪販売をしているんですけど、いつまでも夢を追いかけていているって感じの人なんです。もともとはレーサーとして世界一になりたかったみたいなんですけど、それが無理だってわかったときから他のレーサーが速く走れるようにってサポートに回ったんです。最初は小さい工場で下っ端として働いていた人が、今ではアジアを代表するそのメーカーを仕切る側に立って仕事をしているってすごいことだと思います。いつまでも目標を持って、それに突き進んでいく人だから、心から尊敬できます!
それでは、現時点で「この人ライバルだな〜!」と思うアーティストはいますか?
二宮 ライバル?!(笑)まだまだ、わたしはこの業界に入ったばかりな感じがして、フィールドが広がれば広がるほど、新しい発見があって学んでいくことが多いなと思うんです。その中で、「自分はまだまだ伸びていけるな〜」って実感します。だから、ライバルとかはまだいなくて。しいて言うなら…ボーカル指導の先生!(笑)お手本にさせてもらっているという感じです。

歌で、「大丈夫」と伝えたい

ご自身で曲を作ることはありますか?
二宮 もちろん!作曲も作詞もアレンジも全部やります!
曲を作るときは何から手をつけますか?
二宮 そのときによるんだけど…基本はメロディーからかな。歌詞の内容は、FLY COASTとのときはだいたい恋愛系の歌詞なんですけど、自分のオリジナルとなるともうちょっとコアな内容になります。いじめだったり、ダイエットだったり、いろんな人が悩んでいそうなことをテーマとして取り上げます。私も小学生のときにいじめられていた経験があって、それに加えて引越も多かったものだから、人一倍孤独っていう気持ちを理解していると思うんですよね。だから、そういう人たちに「大丈夫」と伝えたくて、歌詞の内容がそういった問題に対するものになることが多いです。
ソロで活動されるときとFLY COASTと活動されるとき、なにか違いはありますか?
二宮 FLY COASTのときは、なんというか…もうちょっとセクシーな感じ?(笑)少し大人っぽい自分でやっています。ソロのときは、いつもの天真爛漫な感じ。 FLY COASTのNieveというアーティストがいるのですが、彼は優しくてお兄ちゃんみたいな感じで、前回来日したときに一緒にお台場に行ったんですけどね、あそこってデートスポットなのに全くそんな空気が流れることなく話すことができました。(笑)だからFLY COASTでのセクシーキャラってそんなに簡単なことではないんですよ。Chikaさん(DJ Chika aka INHERIT)は、パパみたいですしね。(笑) それでも歌詞の世界観はやっぱり恋愛よりだから、なんとなく女を演じている部分はあるかな。

押しつぶされるほど緊張したテレビ出演

TBS系列「UTAGE!」に出演してみてどうでしたか?
二宮 もう!ほんとに!死ぬかと思いました。緊張して緊張して。だって、カメラが何台もあるんですもん。私、カメラが苦手で…。「中居さんがいるーーーーーーー!!!!!」みたいな。(笑) 芸能人の方もたくさんいるし、お客さんもスタジオにたくさんいるから、LIVE+撮影って感じで。あの番組は本当にぶっつけ本番で撮影するので、撮り直しがないんですよ。生LIVEでもいつもは緊張しないのに、さすがにあのアーティスト勢のなか歌うとなると…空間にいるだけでも押しつぶされそうでした。でも、ありがたいことにもう何度も出演させて頂いているので、だいぶ慣れましたね。やっと歌うことに集中できる!って感じです。

世界は狭い。だからこそ世界にいきたい。

愛さんの今の目標や夢は?
二宮 ずばり!世界!いや〜、でも本当に…。まだまだ世界デビューまでの道のりは長いと思うんですけど、今までにいろんなところを旅してわかったのは、世界って案外狭いんだってこと。それを知っているからこそ、世界を目標にできるんだと思うんです。  世界を旅するというのは、世界中のみんなが出来ることじゃないっていうのが事実じゃないですか。だから、生きていくなかで海外に行くことが出来るというこんな最高な機会をせっかくもらったんだし、逆に、自分が世界を目指さなかったら、もったいないって感じです。
海外進出、特にどのあたりを目指したいですか?
二宮 出来ることなら、やっぱりアメリカがいいかな〜。一番ショービズが大きいところですし。そこで認められたらカッコいいと思います!でもまずは、確実にアジア制覇したいですね!!
ありがとうございました!
これからどんどん躍進されていくであろう二宮愛さんに、乞うご期待!

(撮影 上平庸文 インタビュー 関亜紀子)
(撮影協力 Cafe×Lounge MICROCOSMOS)

二宮愛(Ai Ninomiya)
平成2年生まれ 0型。
作詞・作曲・アレンジメントを自らも手がける実力派シンガーソングライター。
ポップスの黄金期とも言える80年代サウンドを彷彿させるメロディアスな楽曲を、日本人離れした圧倒的な歌唱力で歌い上げる。
彼女がボーカルをつとめるmatthews(マシューズ)のオリジナル楽曲【My Place】は、日活100周年映画として9月に公開された『死ガ二人ヲワカツマデ…「第二章南瓜花」』のオープニングテーマとして起用され、その楽曲を収録したデビュー・アルバム【Girls Like Drama】には、シェネル「ベイビー・アイラブユー」「ビリーブ」のプロデューサーとしても有名な、EIGO氏のプロデュース作品【365】も収録されている。また、声を幾十にも重ねて奏でる「 ソロ アカペラ オーケストラ」は動画配信サイトYouTubeなどで見ることができる。

二宮愛公式HP:http://aininomiya.net
二宮愛公式ブログ:http://ameblo.jp/ainino-official
二宮愛公式Twitter:https://twitter.com/aininomiya

待望の初カヴァーアルバム
★ Ai Ninomiya with Kitchen Orchestra
『From The Kitchen Corner』
【価格】¥1,500+税
話題のコラボシリーズ第二弾!
★ FLY COAST feat. Ai Ninomiya
『Flight Number 002』
【価格】¥2,200+税

Writer: セキアキ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

チョークアートからキャンドルアートまで、新しい才能を発信! 松下萌子さん【後編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/29

全日本国民的美少女コンテスト出身、世界へ羽ばたくチョークアーティスト 松下萌子さん【前編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/22

得意の料理で体調管理と体型維持しています 中川知香さん【後編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/08