このエントリーをはてなブックマークに追加

62024df138398c0791f2c78419fe7bc3
Blank

今回のB!Storyは前回に引き続き、ワイズデンタルキュア院長の三井雄一朗さん。業界トップレベルを誇る経験奨励数に基づき、まるでお気に入りの洋服を選ぶかのように一人ひとりの好みに合わせた処方ができるということで、モデルや著名人からも絶大な信頼を寄せられている歯科医師さんです。前編では歯科医師となるきっかけや想いを語って頂きましたが、後編は実際に歯科医師となってからの出来事やこれから先の未来についてインタビュー。患者さんが笑顔になれる=幸せになることを目指して日々奮闘する先生のお話に注目です♪
  • 三井先生前編記事はこちらから☆
  • 一人前の歯科医師となるまでに様々なドラマがありそうですね。これまでで印象に残っている思い出はありますか?
    三井 ワイズデンタルキュアをオープンしたのがちょうど8年ほど前。1番最初の立ち上げ時は本当に苦労しました。そもそも歯科医院をオープンするためにはかなりの経費が必要。何十㎝もある分厚い事業計画を作成して、自分の熱意をとにかく必死で周りの人達に伝えました。僕のために力を貸してくれた人達には心から感謝していますし、期待してくれる人達のためにも真剣にやらなくては!と気合いが入りましたね。
    何かを始めることはとてもパワーがいりますね!実際にオープンをしてからはいかがでしたか?
    三井  開業のコンセプト自体は”歯に金属を入れないこと”でした。金属は歯よりも固い材質なので、そんなものが歯にはいっていたら”使えば使うほど歯が壊れていく”という状態になります。一度歯科治療を受けた事のある人が、何度も何度も治療が繰り返され気が付けば歯がなくなっていくのはそのせいです。強化プラスチックやセラミックを使用した診療ではそういうことがありません。ですが現実、日本の保健証を使用した診療においては金属を入れる診療形態は一般的で、もちろん金属を入れないことは保健証を使用できない診療となってしまいます。結果的になかなか受け入れられず、苦戦しました。私は、歯を綺麗に見せるということで患者さんたちにセラミックを認知してもらうことに努めたつもりですが、本当はこの金属の治療の粗雑さを伝えたいと感じていました。結果として歯の為に白く治すことに理解を深めていただけたらと思います。今はメタルフリーという言い方でこの金属を入れない治療を推進している歯科医院も増えています。虫歯治療の際はそういった歯科医院を訪ねるようにしてください。
    ネットや本などで情報を得ることはできますが、正しい知識はやはり専門家でないとわからないものですよね。
    三井  中途半端な情報が出回っているからこそ、正しい知識と技術を提供しなくてはならないという医師としての責任の重圧は日々感じます。例えば一般的に早くて安いと言われる保険治療がありますよね。これは昔からほぼ変わらない処方で歯にはリスクを伴います。保険治療ではない最新治療の8割は保険外の処方となるので、保険治療=リスクがあるという図式が立ってしまうんです。患者さんが自分で選んだ処方とはいえ、保険治療を行うと「大丈夫だったかな?」と責任を感じてしまうことも少なくはありません。
    三井先生にとって大きな責任感を背負うこの仕事を「続けよう」と思う原動力は何ですか?
    三井 原動力ですか。それもまた「責任感」だと思います。でもその影には患者さんの存在があってこそ。この仕事に限らず、仕事を続けるというのはとても大変なことです。「あなたに治療をしてもらいたい」と言って来てくれる人がいることが僕にとっても大きな原動力になります。以前、足を怪我してしまい病院で診てもらったのですが入院が必要とされるような状態だったことがありました。この時に思ったのは休みたいとかではなくて、明日は仕事に行かなければという想いでしたね。
    患者さんのために一生懸命になれる姿が安心と信頼となって支持されているのですね。これから先、考えていることなどありますか?
    三井 20代だったお客様が母親になっていたりするので、親子で気軽に通える歯科医として頼ってもらえるような存在でありたいと思います。以前から歯並びや矯正の処方をする時に、子供の成長に合わせた歯並びの治療が必要だと以前から感じていまして。子供の頃から噛み方をきちんと指導していくことで自然に顎の位置を誘導し、大人になった時に綺麗な歯並びや噛み合わせができれば皆さんに喜んでもらえますよね。僕自身も元々歯並びが悪くて、小さい頃に指導されていたのでその経験を生かした治療を今以上に力を入れていきたいと考えています。

    キレイになりたい!と思う女性の笑顔を全力でサポートする三井先生のインタビューを前編と後編でご紹介をしましたが、いかがでしたでしょうか。「痛い」「怖い」という概念を出来る限り最小限に抑えるという信条の裏にある三井先生の想いの強さがよくわかったかと思います。歯医者に行くのはちょっと苦手かも・・・という方はぜひ一度、ワイズデンタルキュアに足を運び、先生に相談してみてください♪

  • 三井先生前編記事はこちらから☆
  • 医療法人社団 デンタルキュア
    ワイズデンタルキュア
    〒170-0002
    東京都豊島区巣鴨1-14-3 藤ビルB1F
    ☎03-3944-0886(完全予約制)
    休診日:金曜・日曜・祝日(※土曜は13:00-19:00の診療)
    http://ys-dentalcure.jp
    Bimajin Storyの過去記事は下記をクリック☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Others By

    チョークアートからキャンドルアートまで、新しい才能を発信! 松下萌子さん【後編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/29

    全日本国民的美少女コンテスト出身、世界へ羽ばたくチョークアーティスト 松下萌子さん【前編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/22

    得意の料理で体調管理と体型維持しています 中川知香さん【後編】
    Blank

    Bimajin Story / 2017/03/08