このエントリーをはてなブックマークに追加

453e94402090b659e22b5f9d3056d47e
Blank

日本人も人のこといえないと思うけど、台湾の人達は行列が好き。
「美味しいらしいよ」というものに対するアンテナが敏感で、美味しいものはすぐみんなに教えてあげたいっていう思いが強いような気がします。

一旦話題になるとFacebookなどでみんなが同じ食べ物をアップしてるのをよく見ます。

ちょっと前だと、いくつかのファミリーマート限定で売り出されたソフトクリーム(私も例外でなく食べてみました。 味は普通に美味しいソフトクリーム)や、日本で昔から駄菓子屋さんに売ってた懐かしのビッグサンダー、ブラックサンダー。

このチョコレート菓子の人気は、テレビでも連日報道されるほどで、どこどこで買えるという情報があれば、すぐに長蛇の列ができます。日本に旅行に行く人達の目的の一つは「ビッグサンダー、ブラックサンダーを大人買いすること」とみんな真顔で言っていました。

これをみて、なんだか私の知ってる昔から食べてた、食べたい時にいつでも食べられたチョコレート菓子が、ちょっと遠い、尊い存在のように感じられ、日本人の私でもちょっとすっごく急に恋しくなっちゃったのだから行列には不思議な魔力が潜んでいるものです。

そんな人を引きつけちゃう、台湾で行列ができる物をいろいろ紹介していこうと思います。

行列には、一時的にすごく話題のもの、いつまでも変わらぬ人気のものと2種類あります。
一時的に話題の物だと記事を書いて、記事が載るまでにタイム・ラグがあるからすたれてしまう恐れもあります。まぁでも、その辺は私の写真の中で着てる洋服の季節感のズレからも、
きっと読者の方達はうすうす気づいているに違いないということで、気にせず紹介していくことにします。笑

ちなみに今の台湾は、半袖で過ごしてもむしっと暑い夜もあるくらい、夏の気候ですので、
あしからず。
今回は台湾で姉のように慕っている、面倒見のいいガオ姉さん行きつけの、いつも行列ができてる人気の蒸し餃子屋さんをご紹介。

MRT 港墘駅からも歩ける内湖一段737巷

20140511magazine_mariko_Vol26_001

住宅街、ビジネス街の近くのこの道は、夜市みたいな活気があって、たくさんのお店が並んでいる。
私たちが訪れたのは、夜9時半くらい。
夕飯もすませ、夜食にはまだちょっと早いこの時間が、あまり並ばずに食べられるゴールデンタイムらしい。
目的のお店に行く前に、飲み物をスタンバイ。
数あるドリンクスタンドの中からも、ガオ姉さんオススメの物にしました。
line02

日本語でも書いてあるメニュー。

20140511magazine_mariko_Vol26_002

檸檬多多(リンモン ドードー)ってなんだかわかる?
檸檬はレモンだけど多多は・・・?日本でもよく飲まれてる飲み物です。
なんでしょう?
正解はヤクルト!
ちなみにヤクルトを中国語にすると 養樂多 (ヤンラゥドー)なので多多。
レモンジュースとヤクルトを混ぜたジュース。
line02

台湾のドリンクスタンドはなんでもまぜちゃう。

20140511magazine_mariko_Vol26_003_02
抹茶にヤクルトとか、梅干し紅茶とか。チャレンジャーにはたまらないラインナップです。
さて、ドリンクを片手に、噂の行列が見えてきました。
かれこれ10分くらいならびました。もうすぐ順番。

20140511magazine_mariko_Vol26_004

作っては蒸して作っては蒸して、休みなくたねを包む人を目の前でみながら期待が膨らみます。
そして席について注文して、調味料を自分で調整しに行きます。
細長い生姜も取り放題。辛いのが好きな人は唐辛子のタレたっぷりどうぞ。
line02

そしてきたー!蒸し餃子70元(約240円)とショーロンポー85元(約280円)とサンラータン35元(約120円)

20140511magazine_mariko_Vol26_005_01

アッツアツの蒸したてがやってきました!この量で本格的飲茶がこの値段!行列の理由も頷けます。

20140511magazine_mariko_Vol26_006

蒸し餃子はより皮をぷりっぷりにするために表面をフーフーしてちょっと冷やすのがより美味しく食べるポイント!
line02

皮が本当にぷりっぷりで、中の餡もジューシー!肉汁が滴るので、やけど注意です。

20140511magazine_mariko_Vol26_007

ショーロンポーも、厚めの皮でモチモチ美味しいけど、蒸し餃子めっちゃ美味しいです!
サンラータンもさっぱり口直しにちょうどいい。
あ〜台湾の行列にはわけがある、こちらの行列グルメ大納得です!
観光客は少ないけど、観光夜市を食べ尽くした方、餃子好きな方、ぜひいってみてください!

line03

20131006_BMJ_magazine_mariko09-03

大久保 麻梨子
長崎県生まれ。
2003年にデビューし芸能活動を続ける中、
2010年初めて一人3泊4日の旅行で訪れた台湾に一目惚れし、帰りの飛行機で台湾留学を決意。その半年後から台湾生活を始め中国語を習得し、仕事の拠点も台湾に移し現在、中華圏の広告、雑誌、ドラマなどで活躍中。夢は日本、台湾をつなぐ架け橋の様な人になること。

公式ブログ
http://ameblo.jp/marilog0907/
Facebookも日々更新中。
line04


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

愛玩客で台中ドキドキの初体験  その1〜どこか懐かしいおじいちゃんの味の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2018/10/11

台湾中秋節でバーベキュー大会 〜台風にも負けず道端に人が大にぎわいの巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/27

台湾ならではの「赤ちゃん風習」 〜1ヶ月記念日に届いた美味しい贈り物の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/20