このエントリーをはてなブックマークに追加

D1fa11bd5d4566f2101056593ac98584
Blank

20140318magazine_pick_up_interview_Vol07_line-top

真っすぐ一直線上に切り揃えた前髪、艶やかな漆黒のロングヘア、
思わずドキッとさせられるような目尻を跳ね上げたキャットライン、
そして白い肌に映える深紅のリップ・・・。

日本を代表するクール・アジアンビューティーとして、海外でも高い評価を受けるファッションモデル・秋元梢さんが去年12月、自身初となるスタイルフォトブック『秋元 梢』をリリース。
独創的な個性溢れる「秋元梢」がたっぷり詰まったフォトブックの魅力と彼女のプライベートについてbimajinがインタビューさせて頂きました♪
20140318magazine_pick_up_interview_Vol07_line-top

20140318magazine_pick_up_interview_Vol07_00_01

初のスタイルフォトブックを出すことになったきっかけは「本を出してみない?」の一言


知り合いのプレスが編集関係の仕事をしていたこともあり、「本を出してみない?」と言われたのがきっかけでした。
ただ、いわゆる「タレント本」ではつまらないからどうせ出すのなら思い切り面白いものを作りたい!と。自分のやりたいことの中の一つに「本を出す」というのは前々からあったのですが、見る側の立場に立ったものを作りたいなと思いました。

20140318magazine_pick_up_interview_Vol07_01

ファッションからビューティー、ライフスタイル・・・
プライベートな質問までファンには嬉しい内容ですね!


フォトスタイルブックを制作するにあたり、自分から意見を出すことはもちろん、写真のコマ割やサイズといった細かい部分まで指示しました。
服もクローゼットを撮影するのではなく、全てスタジオに持っていき、
どうやって見せるか試行錯誤で挑戦してみましたね。この本を見た人だけが知る事ができるモノにしようと思いながら撮影に臨みました。

フォトスタイルブックの裏テーマは「恩返し」


この『秋元 梢』には小さい頃から今の私まで、今まで明かされてこなかったプライベートな部分がたっぷり詰まっています。そのフォトブックの制作に関わっているメイクやスタイリスト、カメラマンは普段、私が仲良くさせて頂いている方達ばかり。お世話になっていた人にこれだけ成長しましたよ、という恩返しの意味もあるんです。今までの自分の集大成とも言いますね。

20140318magazine_pick_up_interview_Vol07_02

モードに花魁、プライベートスナップ写真まで丸ごと「秋元梢」!


フォトブック前半は「ファッション」がテーマ。
パリと東京でのモードなシューティングや”色”にスポットを当てた
「7COLORS」企画など、とにかくファッション要素が満載です。
好評だった花魁の衣装は実はマネージャーからの案だったんですよ。
他のモデルと違って私のファンの方は「梢さんになりたい」という人が多く、私のコスプレをしてくれる人が意外と多かったりするので後半は私服の紹介やスナップ写真、メイクのポイントなどファンの子達が見て面白いなと思えるような私生活の部分を公開しています。
表紙はゼロからの意味を込めて、あえて”スッピン”を選びました。

人は人、自分は自分!


よく質問で「憧れている人はいますか?」と聞かれますが、私の場合「いない」
というのが答え。
例えば富永愛さんに憧れていてもその人以上にはなれません。
それよりも自分自身をもっと大事にしたいなと私は考えてしまいますね。
カワイイ人を見るのは好きだけど自分が「そうなりたい」とは思わないです。
私のコスプレをしてくれる人がルックスを真似した中から自分の「個性」を作っていってもらいたいなと。フォトスタイルブックにはそういった気持ちも込めています。

20140318magazine_pick_up_interview_Vol07_03

今も昔もパンクロックがベースのファッションスタイル


小学生4、5年生の時に及川光博さんとMALICE MIZERさんのコラボイベントを見た時に衝撃を受けて!そこからヴィジュアル系のファッションに目覚め、原宿へ1人でショッピングに行くという小学生でした(笑)。
その時はアルゴンキンやHERE THEREといった原宿系のブランドばかり。
自分が”いいな”と思ったものを着ていました。もちろんヴィジュアル系の格好をしている人は周りにいませんでしたし、ボンテージパンツにチャレンジする小学生は当時では珍しかったと思います。
その後もギャル系ファッションやコンサバなど色々なファッションを渡り歩いて今のスタイルに落ち着きました。
でも、昔も今もパンクロックがベースというのは変わらないですね。
黒やスタッズ、古着、ハーネスが私の今のファッションアイコンです。

20140318magazine_pick_up_interview_Vol07_04

オマケの恋愛トーク

Q. 好きな男性のタイプは?
A. X JAPANのhide、あとは目が印象的な人

Q. 好きな男性のファッションは?
A. 似合っていればOKです!

Q. 好きな人ができたら自らアプローチしますか?
A. 私はしないですね。でも初対面でこの人気になる!と直感で感じます。

Q. 自身のファッションやメイク、ヘアーは好きな人から影響を受ける?
A. 好みを合わせようとは思わないけど、もしその人のセンスが自分も「いいな」と思えば挑戦してみます。
 
Q. 好きな人ができたら家族に相談・報告するのか
A. しないです。
20140318magazine_pick_up_interview_Vol07_line002

独自のファッションセンスと溢れる個性で「自分」を発信する秋元梢さんのインタビュー《前編》如何でしたでしょうか。彼女の持つ独特なオーラと自分の意思を貫く芯の強さがインタビューを通して伝わってきました。
後編はさらにプライベートなインタビューを交えつつ、フォトスタイルブックの魅力をご紹介します。

Information

タイトル:『秋元 梢』
価格:¥1500(税込)
発行元:宝島社

秋元梢オフィシャルBlog「黒髪少女」
http://ameblo.jp/kozue-akimoto/
レプロエンタテインメント
http://www.lespros.co.jp/

(撮影:上平庸文 / インタビュー・文:©izumi)
Writer: IzumiのアイコンIzumi

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

人気雑誌モデルからタレントへ多彩に活躍 宮瀬彩加 前編
Blank

Bimajin Story / 2016/08/20

大正ロマン時代を生きる「夢二式美人」を演じて。女優・小宮有紗さん【後編】
Blank

Bimajin Story / 2016/08/10

大正ロマン時代を生きる「夢二式美人」を演じて。女優・小宮有紗さん【前編】
Blank

Bimajin Story / 2016/08/03