このエントリーをはてなブックマークに追加

Eee3ccf340642b03080d5db5089442e0
Blank

「スイーツ」という言葉から、皆さんはどんな食べ物を連想しますか?ショートケーキ、マカロン、エクレア、ドーナッツ…想像するだけで身も心もチョコレートのようにとろけてしまいそうなものばかり。けれど私たちの身体に流れているのは揺るぎなく日本の大和撫子の血。今回はそんな私達日本女子がDNAから求める「和スイーツ」を紹介したいと思います。

東京、西荻窪に店を構える創業昭和40年の老舗「甘味処 甘いっ子」。かき氷の時期になると炎天下の中、列をなすことも珍しくない「甘味処 甘いっ子」の店内は冬でも老若男女、年齢層を問わず客足は途絶えません。言うなれば同年代の友人から、お母さん、そのまたお祖母ちゃんまで揃って連れて行きたくなる、そんな甘味屋さん。その普遍的かつ、永続的な美味しさはすっかり洋菓子に馴染んでしまった舌を覚醒させ、私達に故郷を思い出させるのです。 昔ながらの落ち着く店内で、本日いただいたのは「クリーム栗あんみつ」。

厳選された素材から作られたあんみつには今まで食べたあんみつの記憶を刷新されるほど。粒の大きい豆だけを取り揃えた、北海道は帯広のあずき高級ブランド「豊祝」のしっかりとした歯ごたえとほんの少しの塩気が、濃厚なあんこや水々しいフルーツ、もち菓子の求肥(ぎゅうひ)やでっぷりとした和栗、黒蜜の甘味と絶妙なバランスを持たせながら口に広がります。更に、食感が楽しい伊豆の神津島で原料の天草から採取されたこだわりの寒天が交われば、豊富な具材でバリエーション豊かにスプーンを彩ることができ、飽きることがない無限ループの幸せへと導いてくれるのです。

そして美味しいだけじゃないのが「和スイーツ」のオイシイところ。メニューに書かれている但し書きによると、あずきにはミネラル、食物繊維などの栄養素が充分に含まれておりその中でもビタミンB1は脂質をエネルギーに変える手助けをしてくれるのだとか!更に寒天にもリジンという脂肪燃焼を促進するアミノ酸が含まれているそう。 またメニューもシンプルな「あんみつ」「みつまめ」「ぜんざい」から「クリーム白玉あんみつ」「白玉ぜんざい」、「クリーム杏みつまめ」など足繁く通いたくなる品ばかり。10月初め~6月までの今の季節はおしるこで温まることもでき、4月末~10月初めまでは人気のかき氷も楽しめます。 和の心を蘇らせ健康も気遣える、そんな賢い一石二鳥な和スイーツを是非「甘味処 甘いっ子」でいかがでしょうか。

東京都杉並区西荻南2-20-4
甘味処 甘いっ子
03-3333-3023 営業時間11時から18時まで(月曜定休)


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

ぷるぷる食感に大満足!お腹も満たされるヘルシーな生芋こんにゃくスムージーがお目見え!
Blank

グルメ  / 2018/09/27

ハーゲンダッツの王道クッキー&クリームが25周年!アニバーサリー味が期間限定で登場!?
Blank

グルメ  / 2017/03/26

焼きたてチーズタルト専門店「PABLO パブロ」から 甘酸っぱ〜い♡いちごスイーツが新登場!
Blank

グルメ  / 2016/04/25