このエントリーをはてなブックマークに追加

B2b9bc39c98db76c1321d7b8d06be974
Blank

2月3日は五節句の一つ「節分」。「豆まき」は、子供の頃からなじみのある行事とはいえ、意外と知らないことが多いのではないでしょうか? 今回はそんな節分の豆まきの由来・作法をご紹介します。

1年に4回?節分の由来

節分とは「季節を分ける」の語源の通り、季節の変わり目である「立春・立夏・立秋・立冬」の前日のことをいい、1年に4回あるものでした。 それが、春を迎えるということは新年を迎えることに匹敵する大切な節目として尊ばれるようになり、室町期より節分といえば「立春の前日」のみをさすようになりました。

季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられ、新しい年を迎える前に、一年の厄・邪気・災難を祓って福を呼び込むために、「追儺(ついな)」という宮中行事が行われるようになりました。その行事のひとつである「豆打ち」の名残りが、現在の「豆まき」にあたります。 室町時代以降、豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、大衆へと広まり定着していきました。

どうして鬼を退治するの?

「おに」という日本語は、目に見えない気、「邪気」を意味する「陰(おん)」に由来します。また、隠れているこわいものとして「隠人(おんにん)」が変化したという説もあり、災害・病・飢饉など、人間の力を超越した恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられるようになりました。
立春の前日・節分に、鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を払い、福を呼びこもうということで、鬼を退治するようになりました。

ちなみに鬼の格好にも意味があり、十二支の丑も陰陽でいうと陰になり、鬼が住むのは鬼門である丑寅の方角なので、牛(丑)の角と虎(寅)の牙をもち、虎の皮のふんどしをしているのです。

どうして大豆を使うの?

大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされ、米に次ぎ神事に用いられてきました。米よりも粒が大きく、穀霊で悪霊を祓うのに最適であるとともに、昔、京都鞍馬山に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて退治したという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということで、「大豆」が使われるようになりました。

ただし、豆まきに使う福豆は炒った豆でなくてはいけません。これは、生の豆を使って拾い忘れたものから芽が出てしまうと縁起が悪いとされているからです。生の豆を食べないよう、注意してください!

「炒る」が「射る」にも通じるため、「魔目」を「射る」ことで「魔滅」となること。また、鬼や大豆は陰陽五行説の「金」にあたり、この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めるという意味もあります。 そして最後は、豆を人間が食べてしまうことにより、鬼を退治した、ということになるのです。

鰯や柊の意味は?

昔から臭いのきついもの・尖ったものを厄払いに用います。そこで、鬼の嫌いなものは「臭い鰯の頭」と「痛い柊のとげ」とされ、鰯の頭を焼いて柊の枝に刺し、それを家の戸口に置いて鬼の侵入を防ぐ焼嗅(やいかがし)という風習がうまれました。

豆まきの作法

豆まきの作法は家庭によって千差万別ですが、一般的な豆まきの作法をご紹介します。

  • 1)豆を炒り、豆まきをする夜まで枡や三方に入れて神棚に供えておきます。
  • 2)鬼は真夜中にやってくるので、豆まきは夜に行います。家族全員揃ってからが原則です。
  • 3)豆まきは一般的に、一家の主、または年男、年女、厄年の人が行います(家庭によっては家族全員で、というところも多いようです)。
  • 4)家の玄関や窓を開けて「鬼は外!」と豆を外にむかってまき、鬼が戻らないようすぐに戸や窓を閉めてから、「福は内!」と部屋の中にまきます。奥の部屋から順番に鬼を追い出すようにして最後は玄関までまきます。
  • 5)豆まきが終わったら、1年の厄除け・無病息災を願い、自分の年齢よりも1つ多く豆を食べます(新しい年の厄払いなので、数え年として1つ多く食べる、もともとが数え年と考え新年の分を加えて2つ多く食べる、満年齢のまま食べるなど、地方によって異なる場合もあります)。

2月3日は寺社の「節分祭」へ

2月3日には、伝統行事として、東京の神田明神・増上寺・池上本門寺・浅草寺や、成田山の新勝寺、京都の吉田神社・壬生寺をはじめ、全国各地の寺社で節分祭の「豆まき」が行われます。

今年1年の無病息災・災厄消除・開運招福を祈願し、寺社の節分祭の豆まきの行事に参加されてみてはいかがでしょう?

神森 真理子

ジャパン トラディショナル カルチャーラボ株式会社 代表取締役社長

慶應義塾大学卒業。パリ第三大学で映像・アートビジネスの勉強をし、松竹(株)に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、「日本文化の活性化」という生涯の目標を見出し、会社員としてマーケティング・PRの仕事に従事しつつ、日本文化の伝道師として、日本文化の魅力を発信する企画・執筆・講演過活動を展開。日本文化に関する多数の企画・コンサルティングプロジェクトに従事した後、独立しジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役に就任。 +ART CLUB「食とアートの会」主宰。「銀座なでしこ会」幹事。利酒師・ワインエキスパート・フードアナリスト1級。

ジャパントラディショナルカルチャーラボ
公式サイト:http://jtcl.co.jp

ブログ:神森真理子の『食を!アートを!日本文化を!楽しもう』
http://ameblo.jp/mariko-kamimori

連載:MYLOHAS『大和撫子のための和文化のいろは』
http://www.mylohas.net/eco/japanese_culture

日本酒を楽しむスマホマガジン「酒ゼミ」
監修:現代ビジネス:安倍昭恵「対談『日本の食』を考える」


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

お正月のきもの~ふくふくした梅の帯が、今年の気分~
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/25

京都の師走を感じる、毎年恒例の護王神社の巨大絵馬
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/18

12月の茶の湯は、寒くて長い夜を楽しむ
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/11