このエントリーをはてなブックマークに追加

87eabb1c3871e93a58dff21890899046
Blank

今朝母から、庭に降る雪の写真が送られてきました。

台湾もすっかり冬! 凍えるほど寒いのですが、山の上以外雪が降ることはほぼありません。 もしも台北市に雪が降ったりなんかしたら、大大大ニュースになるに違いありません。 それくらい、台湾の人にとっては珍しい雪。 写真を見てみると、やはり日本の方がずっと寒いなと再確認するのでした。 そう、絶対気温は日本の方がずっと寒いはずなのです。 でも台湾で過ごす冬も日本と同じくらい厳しく感じるのはなぜなのでしょう。 台湾の室内には暖房器具がありません。 ああ、もういきなりキーポイント。 台湾のエアコン、冷房はあっても暖房機能がないのです。。。 たしかに日本よりは短い冬だけど、湿度が高いせいか寒流の時なんか、氷点下かと思うくらいの体感なのに暖房器具がないのです。 ええ、もちろん、買えばいいのです。自宅はね。 でも、外出先の室内がとても寒いのです。 ダウンコートを室内で着るのは流石にちょっとおかしいし、暑いから脱ごうとするんですけど、実際脱いじゃうと寒いんです。 台湾室内の温度調節がほんと難しい。

先日、小劇場にお芝居を観に行ったのですが、 日本でいうと下北沢のスズナリのような座敷型の客席でお客さん同士の距離がわりと近い劇場でした。 席について、ダウンを脱ぐ間もなく次々にお客さんがぎゅうぎゅう詰まってくると、 やっぱりちょっと暑くて、脱いでみました。 そしたらすぐ寒くなって!これじゃお芝居に集中できないわ!ってことで、袖だけ脱いで腰元に巻いてみました。 ダウンを。。 ちょっと変だけど、温度調節されて、無事公演を楽しむことができました。

そんな体温調整が難しい台湾ですが、台湾の人は寒さに強いのか、 タクシーに乗ると運転手さんがけっこうな割合で窓を開けています。 走ると風が容赦なく吹き付けるので、後部座席の窓は、そうっと窓を閉じるのですが、 運転席の窓は、さすがに運転手さんの自由だろうと思うのでなにもできず・・・。 しばらくの間、寒くても我慢する日本人な私なのでありました。

それでもたまに、冬でもクーラーをつけてる運転手さんがいて、 そんな時はさすがに私も頑張って、 「寒いのでクーラー切ってもらえませんか?」 と言ってみます。 皆さん、様々なリアクションをしてくれるのですが、ちゃんと最後には切ってくれます。 一度好奇心から思い切って、 「なんで冬なのにクーラーつけているんですか?」 と聞いてみました。 そしたら、驚きの回答。 「空気を入れ替えるため」 だそうです。 あまりにもドヤ顔でいわれたので、もう 「へえー」 以外のリアクションができませんでした。 クーラーをつけたからといって空気が入れ替えできるのかは謎ですが、 台湾の人は、空気がこもるのがすっごく嫌いみたいです。 どんなに寒い日でもクーラーですからっ!

さてさっき自宅は暖房機買えばいいといいましたが、最近問題が発覚しました。 自宅の暖房機は、初めて台湾で迎えた冬に、 朝急に下がった気温差にびっくりして慌てて近所の電気屋さんで買いました。 初めの家は、小さなワンルームだったので、受験生が足元を温めるために使うような小型の暖房機でもなんとかことたりました。 その次に引越しをした家も、ロフト式で、ロフトは寝室でほとんど生活は下のワンルーム。 そこもまた小さな空間の部屋だったので、小型暖房機で十分でした。 その後は古いアパートの中を改装したばかりの広い部屋にお引越し。 今、ドラマの撮影でバタバタして家にいる時間がほとんどないので、 まだ荷物を整理しきれていないのですが、 急に寒くなったので、例の小型暖房機を探して引っ張り出しました。 でも、なんと壊れて使用できなくなっていました。。 小さくても、こうやって原稿を書くときや、 台本に向かっているときの足元を、優しく温めてくれていた冬の癒しの暖房機が。。。 大ショックです。 そして、買いに行く時間もないので、家の中でもダウンを着て過ごす私なのでした。 皆さんも、この冬暖かく過ごしてくださいね。

台北おもしろ交通事情その6に続く

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

台湾中秋節でバーベキュー大会 〜台風にも負けず道端に人が大にぎわいの巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/27

台湾ならではの「赤ちゃん風習」 〜1ヶ月記念日に届いた美味しい贈り物の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/20

台湾ソウルフード魯肉飯 〜勝手にランキング!私のナンバーワンな店の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/13