このエントリーをはてなブックマークに追加

52c36d5a7aa46f86e5a7898544ffcb5c
Blank

昔から『玄米におかずいらず』と言われるほど栄養豊富な玄米。 マクロビオティックでも主食には玄米を選ぶようにしましょうと言われているほど。

●実はこんなにすごい!!玄米の栄養素●

普段食している白米は、玄米から糠や胚をきれいに全部取り除いたもの。
でも実は取り除かれた糠や胚に一番栄養があるのをご存知ですか?
取り除かれた糠や胚には、豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれていて、
精米してしまうことで、これらの栄養価はほとんどなくなってしまいます。

*ビタミンB1 ⇒ ダイエット効果
糖質や脂肪の代謝を促してくれます。
また疲労回復にも効果的です。

*ビタミンE ⇒ アンチエイジング効果
強力な抗酸化作用があり、
体を錆びつかせる活性酸素を中和し老化を防止してくれます。

*カリウム ⇒ むくみ解消
体内の余計な塩分を体外に排出して利用作用をもたらしてくれます。
またむくまない体質をつくることでシワの予防にも。

*たんぱく質 ⇒ ターンオーバー
細胞を生成するのに必要な栄養素で、 お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)には必要不可欠なもの。

*食物繊維 ⇒ デトックス
腸の働きを良くして便秘解消に効果あり。
老廃物が効率よく体外に排出され、体の中からお肌もきれいにしてくれます。

このように玄米には美容にいい効果がいっぱいあるのです♪

●炊飯器でもおいしく炊ける●

玄米を炊くのって難しそう…と思うかもしれませんが、 家庭にある炊飯器に玄米を炊く機能がついているのをご存じですか?

内釜の玄米の目盛りに合わせて水を入れて、メニューで玄米機能を選びスイッチを押すだけで、美味しく炊きあがります。

玄米を食べ慣れていない人には、穀物独特のにおいと味がちょっと苦手という人もいると思います。毎日続けよう!!と思うとちょっとしんどい…挫折しないためにもまずは週に2日、または一日1食玄米食から気軽にスタートしてみませんか。
カラダにいいものを取り入れて、カラダの中から美しくなりましょう。


Writer: 熊田美可

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

人気の最新ダイエット事情をまとめてチェック!(後編)
Blank

水着やノースリーブを着こなしたい!

ビューティー / 2019/06/06

女性の悩み「冷え」を何とかしたい!内側から体質改善を目指す方法とは?
Blank

ビューティー / 2018/10/19