このエントリーをはてなブックマークに追加

Fea6b5b2f4f1ca345c5c52dd7a110f78
Blank

パソコンやスマートフォンの普及で、「ドライアイ」が増えています。みなさんもドライアイについて耳にしたことがあると思いますが、ドライアイのように見える別の病気があるのをご存知ですか? 「まぶしい」「目の周りが不快」「乾いた感じ」「目を閉じている方が楽」「自然と目が閉じてしまう」・・・一見ドライアイのようですが「ドライアイの目薬をしているのに症状がちっとも良くならない」という方はご注意を!それはドライアイではないかもしれません。

ドライアイと似た症状を起こす病気、それは「眼瞼(がんけん)けいれん」です。「けいれん」という病名から「ピクピクする病気」と思われがちですが、実際は必ずしもピクピクするわけではありません。初期症状がドライアイと似ているため、大半の方がドライアイと間違えられて治療を受けているようです。

眼瞼(がんけん)けいれんは40才以上の女性に多く見られます。自分の意志と関係なくまぶたの筋肉が収縮するので、不要なまばたきが増え自由に目を開けることができなくなります。抑うつや不安・不眠などの症状を訴える方が多く、うつ病・自律神経失調症・更年期障害・神経症などと診断を受け治療されている方も多いようです。

眼瞼(がんけん)けいれんは、まばたきで症状が誘発されるのが特徴です。 みなさんもためしにやってみましょう!

■まばたきをゆっくりリズミカルに続ける。
■早くて軽いまばたきを10秒間行う。
■ぎゅっと強く閉じてからすばやく開く。

これらの動作で不自然に力の入ったまばたきになったり、目が開かなくなったりしませんか? 眼瞼痙攣は軽いものでも、さまざまな不快な症状が頑固に続きます。目が開くにくくなるため歩行中に人や物にぶつかる方が多く、そのため日常生活に大きな支障をきたしている方も少なくありません。

進行はそれほど速くありませんが、放っておいても自然に治ることはありません。眼瞼痙けいれんは原因が不明なことが多いため病気自体を治すことはできませんが、症状を改善する方法としてボツリヌス療法があります。

ボツリヌス療法は、よく美容形成でしわ取りに利用されていますね。けいれんしているまぶたの筋肉にボツリヌス毒素Aを注射することで、目をつぶる力を弱めてあげることができます。個人差はありますが効果は2~4か月持続し、眼瞼けいれんの治療であれば保険が効きます。ボツリヌス療法は所定の研修を受けた意志でなければ施術できないので、受診の前に実施可能かどうかを確認しておきましょう。

なかなか治らないドライアイの症状のあるかた、さっそくパチパチまばたきチェックを。思い当たる症状があるなら眼科を受診しましょう。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

星野リゾート 界 アルプスで叶える、おいしい楽しい週末旅(後編)
Blank

信州の温泉宿で贅沢な田舎体験♪

ライフスタイル / 2019/03/09

星野リゾート 界 アルプスで叶える、おいしい楽しい週末旅(前編)
Blank

信州の温泉宿で贅沢な田舎体験♪

ライフスタイル / 2019/03/08

元祖シェアオフィスの地で新しい町プロジェクトが始動
Blank

人がよろこぶ!家がよろこぶ!

ライフスタイル / 2019/02/13