このエントリーをはてなブックマークに追加

2896a3f1bb97c845dc8f078ae59c222b
Blank

あっという間に師走。来年の足音が聞こえてきそうな季節ですね。
年末からお正月にかけてのイベントといえば、カウントダウン&ニューイヤーズイベント・初詣・初売りなど。

伊勢丹新宿店本館4階=センターパーク/ザ・ステージ#4では、
2015年1月2日(金)〜13日(火)にお正月時期ならではの衣・食・住・遊・休・知を体感でき、モノづくりのストーリーやその文化的背景も感じていただける企画「おとなのお正月」が開催されます。

その中の「おとなのたしなみ講座」として、お正月にふさわしい「日本文化」を楽しむ2つの特別企画を、伊勢丹 新宿店様とのコラボ企画として開催します。
「日本文化」のお稽古・イベントは気になるものの、なんとなくハードルが高く今年は一歩ふみだせなかった…そんな方にも気軽にご参加いただける企画です!
会場は伊勢丹新宿店 本館7階なので、初売りの合間に一人でも、家族やお友達と一緒にでも気軽に楽しんでいただけます。

http://washokujapan.jp

創業400年超の老舗「伊場仙」社長に学ぶ!『扇子・浮世絵の世界』 新年の願いをこめて。世界にひとつだけのオリジナル扇子づくり(お話&体験)

普段使いや贈答用のアイテムとしての他、茶道・能・日本舞踊・落語などはじめ日本文化に欠かせない存在である扇子。身近ながら、深く学び・体験する機会は希少な扇子の世界について学んでいただく企画です。

ゲストとして創業1590年 日本橋にある扇子・団扇の老舗 伊場仙 14代目吉田社長をお迎えし、
前半は伊場仙の歴史・扇子の歴史・江戸扇子・浮世絵のお話などをうかがいます。後半は、扇子の地紙への絵や文字の描き方を教えていただきながら、世界にひとつだけのオリジナル扇子(茶扇)をつくります。
一年のはじめに、日本のものづくりの「学ぶ」「つくる」楽しみを体感しながら、
新年の願いをこめて、世界にひとつだけのオリジナル扇子をつくってみませんか?

▼ 詳細・お申込はこちら
http://jtcl.co.jp/news/isetan_oshogatsu1

日時:2015年1月3日(土)
受付開始 11:30 / 開演 12:00(終了 14:00頃)
講師:創業1590年 日本橋の扇子と団扇の老舗「伊場仙」14代目代表取締役社長 吉田 誠男氏

■ 伊場仙について
http://www.ibasen.co.jp/profile.html

伊場仙は徳川家康と共に江戸に上がった浜松の商人、伊場屋勘左衛門によって創業されました。
創業当時は江戸日本橋堀江町にて、江戸幕府の御用を承り、主に和紙、竹製品、などを扱っていました。
江戸後期よりうちわ浮世絵を扱い始め、初代豊国、国芳、広重などの版元として「伊場屋」の名を江戸市中に広めました。
現在、当時の「伊場仙版」の絵は国内の美術館はもとより大英博物館、ボストン美術館、メトロポリタン美術館、ヴァンゴッホ美術館等海外の著名美術館でも見ることができます。

会費:7,000円
(扇子・扇子作りのための材料費・扇子のお仕立て代など全て込。完成した扇子はお仕立てし、後日お届けします。)

新春!手妻ショー江戸時代から伝わる日本伝統のマジック『江戸手妻の世界』(実演&体験&お話)

「手妻」とは、「手を稲妻の様に素早く動かす」ことから名づけられた江戸時代から伝わる日本独自のマジックです。
ただ不思議を見せることを目的とするのではなく、演技背景に日本人になじみの深いテーマをとりいれ「見立て」によってストーリーを語る手法は、美しい所作と情緒にあふれ、驚きとともに深い感動を与え、老若男女幅広くお楽しみいただけます。

ゲストとして、「手妻」の数少ない継承者であり、マジック界のオリンピックと呼ばれる世界大会でも活躍する藤山大樹氏をお迎えし、手妻の実演、お話、さらには手妻体験ワークショップをお楽しみいただく盛り沢山な内容です。

参加者の皆様にも新年会やちょっとした機会にお披露目できる簡単な手妻の技を習得していただきます。
新年にふさわしい新しい体験として、趣深い手妻の世界を楽しんでみませんか?

▼ 詳細・お申込はこちら
http://jtcl.co.jp/news/isetan_oshogatsu2

日時:2015年1月4日(日)
受付開始 14:00 / 開演 14:30(終了 16:00頃)
講師:藤山大樹氏(手妻師)

http://www.japanesemagic.jp/index.html

藤山大樹氏の最新プロモーション映像です。手妻がどのようなものか、まずはご覧下さい。

講師プロフィール:
日本伝統のマジック「手妻(文化庁選択無形文化財)」を継承する数少ない継承者。

学生時代には、マレーシアで行われた世界大会での優勝をはじめ、様々なコンテストで優勝。大学卒業と同時に文化庁芸術祭大賞受賞者である藤山新太郎師に師事してプロマジシャンの道へ。
2012年イギリスのブラックプールで開催されたマジック界のオリンピックと呼ばれる世界大会FISMに日本代表として参加。
面を使った創作手妻「七変化」は世界の人々を魅了した。

2014年10月に韓国で開催されたアジア最大級の大会「FISM ASIA」に日本代表9名のうちの1人として参加し、Stage General部門 第1位を受賞。
2015年7月にイタリアで行われるFISM本戦への出場権を獲得。

会費:5,000円
会場:伊勢丹新宿店 本館7階=バンケットルーム

【住所】〒160-0022 東京都新宿区新宿3−14−1
【Tel】03-3225-1251


主催:伊勢丹 新宿店、ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社(JTCL)
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

いつでもどこでも気軽に日本文化を学べる web スクール
【nippon labo (ニッポン ラボ): http://nipponlabo.jp

神森 真理子

ジャパン トラディショナル カルチャーラボ株式会社 代表取締役社長

慶應義塾大学卒業。パリ第三大学で映像・アートビジネスの勉強をし、松竹(株)に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、「日本文化の活性化」という生涯の目標を見出し、会社員としてマーケティング・PRの仕事に従事しつつ、日本文化の伝道師として、日本文化の魅力を発信する企画・執筆・講演過活動を展開。日本文化に関する多数の企画・コンサルティングプロジェクトに従事した後、独立しジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役に就任。 +ART CLUB「食とアートの会」主宰。「銀座なでしこ会」幹事。利酒師・ワインエキスパート・フードアナリスト1級。

ジャパントラディショナルカルチャーラボ
公式サイト:http://jtcl.co.jp

ブログ:神森真理子の『食を!アートを!日本文化を!楽しもう』
http://ameblo.jp/mariko-kamimori

連載:MYLOHAS『大和撫子のための和文化のいろは』
http://www.mylohas.net/eco/japanese_culture

日本酒を楽しむスマホマガジン「酒ゼミ」
監修:現代ビジネス:安倍昭恵「対談『日本の食』を考える」


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

意外と知らない、「節分」のヒミツ・豆まきの作法
Blank

日本の伝統文化を知る

和な美 -wanna be- / 2015/01/08

お正月のきもの~ふくふくした梅の帯が、今年の気分~
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/25

京都の師走を感じる、毎年恒例の護王神社の巨大絵馬
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/18