このエントリーをはてなブックマークに追加

97bdd4229f9743274146bf02dc41b367
Blank

今回は、銀座一丁目駅から昭和通りを抜けた場所のビル3階にお店を構える、
かき氷とパンケーキで有名なお店「雪ノ下」をご紹介します!

雪ノ下の本店は大阪。その大阪の味を東京で楽しめる銀座店は、ビルの3階という場所にあるもののオープンテラスになっていて開放感を味わいながらスイーツをいただくことができます。座席数は15席と少ないながらも、一日に約200人ものお客様が訪れるというから驚きの回転率です。

お店に訪れると取締役副社長の吉川さんにお話を伺うことができました。

吉川さん「当店は銀座ではめずらしいオープンカフェスタイルになっているんです。ひっそりとした場所にお店を構えていますが、こんな場所でも行列ができるんですよ。いらっしゃるお客様は、近くのOLさんや有閑なマダムが多いですね。女子高生や女子大生というのは場所的なこともあってあまりお見かけしませんが、そのかわり、修学旅行の高校生とかは来てくれたりします。」

銀座のOLや有閑なマダムが多いと聞くと、価格も高そうなイメージ。しかし、雪ノ下では、必ずパンケーキとコーヒーか紅茶を一緒に楽しめるようにとパンケーキは700〜900円前後、コーヒーはスイーツとセットにすると400円とリーズナブルな価格設定を心がけているそうです。

今回、取材で頂いたのはコチラ♡

「愛媛県産レモン アイシングで」

〜こだわり抜かれた卵、特別な甘みをもつ牛乳と水を使用〜

吉川さん「卵は三重県産の有精卵を使っています。牛乳は静岡県産の低温殺菌牛乳を使用し、さらにお水は鹿児島県の天然水を調理やドリンク、口にするものすべてに使用しているんですね。特別な甘みをもった牛乳やお水を使用することによって、調理に使用する砂糖の量をグンと減らすことができるんです。」

雪ノ下のパンケーキは分厚く丸い形をしていて、むっちりモチモチした食感。生地の種類は5〜6種類の用意があるとのことなので、行くたびに違うおいしさを味わえます。今、大流行中のアメリカンパンケーキとは、全く違って甘みもすごく抑えられているので、幅広い年齢層の女性に、また、甘い物が苦手な男性にも楽しめるようなお味でした。

吉川さん「日本には四季がありますよね。例えば、山梨県産と岩手県産のりんごだと味が全然違うし。だから、そのときそのときで一番美味しいものをお客様に提供することを心がけているんです。また、このレモンは(上写真)完全無農薬のものを使用しているので、皮ごと食べられます。アイスとレモン、パンケーキを一緒に口にいれてもらえれば、レモンの風味が口中に広がって素材の良さがわかりますよ。」

季節や産地にこだわりを持ち、極力農薬の使っていない物を選ぶなど、素材選びには手が抜けないという熱い想いが伝わってきました。

銀座の中心部から少し離れた閑静な場所で、あたたかい日差しを浴びながらゆっくりとコーヒータイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?♡♡

雪ノ下 銀座
住所:東京都中央区銀座 1-20-10トマトハウス3階
電話:070-5517-9506(予約不可)
HP:http://yukinositatokyo.net/index.html


Writer: セキアキ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

ぷるぷる食感に大満足!お腹も満たされるヘルシーな生芋こんにゃくスムージーがお目見え!
Blank

グルメ  / 2018/09/27

ハーゲンダッツの王道クッキー&クリームが25周年!アニバーサリー味が期間限定で登場!?
Blank

グルメ  / 2017/03/26

焼きたてチーズタルト専門店「PABLO パブロ」から 甘酸っぱ〜い♡いちごスイーツが新登場!
Blank

グルメ  / 2016/04/25