このエントリーをはてなブックマークに追加

A0e55158b3a23085689919e6bef3b5c4
Blank

今週のbimajin Storyは「和な美」で食やアート・カルチャーなど、様々な日本文化を発信している神森真理子さん。前編ではベルギーやフランスでの在住・留学経験についてお聞きしましたが、後編は社会という世界に出てから今に至るまでのお話をインタビュー。優雅で物腰柔らかな雰囲気を持ちつつも、フットワークの軽さと行動力、そして大きな熱意はまさに現代で活躍する女性の象徴!bimajin読者と同世代ということもあり、大変興味深いお話をお聞きすることができました♪
前編では松竹を卒業後、ベンチャー企業で様々な経験を積まれていたとお聞きしましたが、自分の思い描く理想のために「挑戦」という道に飛び込んでいかれたのですね。
神森 ベンチャー企業にうつり、しばらくしてから、サラリーマンとしての仕事と並行し、現在の事業の前身となる活動をスタートしました。文化的な協会やNPOの立ち上げ、事務局としての活動、芸術・食にまつわるイベントの企画・運営、スクール事業・お稽古やイベントのノウハウを学ぶため様々な企画への参画、執筆・講演・メディア出演といった発信する機会など。多くの挑戦・失敗を重ねつつ、機会・ご縁に恵まれ、多方面に活動しました。
大きなビジョンを持ちながら多方面でご活躍されていますが、影響を受けた人などはいらっしゃいましたか?
神森 日々出会う人・言葉から気づきを得ているという意味では、影響を受けた人・言葉は多いです。
人生の節目で現在の仕事につながる影響という意味では、高校時代の恩師の言葉「日本の伝統や文化に通じ、思いやりの『和』の心を身につける事が、世界で活躍する前提となる」。白州正子さんの言葉「本当に国際的というのは、自分の国を、あるいは自分自身を知る事である」には強く共感し、影響をうけています。
また、留学中、世界各国から集まる多国籍の仲間との出会いが、自分の価値観、生き方に与えてくれた影響は大きいです。
自分にとってベストなタイミングで、出会うべき人に出会うチャンスに恵まれているなと感じています。
身近なところでは、私の祖父の言葉やコミュニケーションの取り方もまた私の生き方の中に大きく根付いています。幼稚園の頃から祖父とのスキンシップは、「だっこ」や「おんぶ」ではなくて、「握手」でした。幼い頃から、子供扱いというより、一人の人間として接してくれたことで自立心がめばえるのが早かったように思います。 曾祖母や祖母は、お茶を教えたり、ろうけつ染めをして着物や屏風をつくったり、自然を愛し和歌を詠んだり…日本文化に造形が深い家系。現在の私の活動とリンクする部分もありますので、ルーツを感じます。
フランスでの留学は学ぶこと以外にも自分の価値観やこれから先への意識にも深く影響を与えてくれたのですね。
神森 そうですね。
留学中、日本で同級生たちが就職活動で「どこの業界に?どこの企業に?」を考えるタイミングで、私は海外の友人たちに「どこで、どういう生き方をするのか?」「何をして生きていくのか?」を問われ、考えていました。
日本で生まれ日本人であるから、日本で就職することはごく自然なことと考えていましたが、海外の友人たちは、自分の生き方・働き方、目指す方向をもとに、生活拠点となる国(土地)を選ぶという意識が強かった。
与えられた環境の中で生きるのではなく、人生は自分で創造するものなのだと改めて感じました。
留学中は、現地での生活を目一杯楽しみ集中しつつも、「就職」を意識するとどこか日本の同級生たちと比べ、自分は遅れをとっているような焦燥感もあったのですが、一人一人異なる環境・価値観で生きる中、比較することがいかにナンセンスかを海外の友人たちが気づかせてくれました。この瞬間、人と比較しネガティブな感情にとらわれることから解放されました。
また、日本人だからという理由で漫然と日本で生活するのではなく、世界各国の文化・価値観にふれ、様々な経験をした上で、自分は日本に改めて魅力を感じ、日本を拠点に生きていくのだと学生時代に覚悟ができました。
大変な事も沢山あったかと思いますが、ここまで続けようと思った理由は?
神森  仕事におけるミッションが、自分の人生のミッションと一致しているから。 大変な事があっても、人生を投げ出そうとは思わないように、仕事においても冷静に「どうすればもっとよくなるか?」を考えています。いいことも悪いことも長い人生の過程にすぎないので、一喜一憂しないこと。物事が上手く進んでいる時も冷静に。困難な時もネガティブな感情にひっぱられることなく落ちついて。
お客様や企画に関わってくださった方々の笑顔や「ありがとう」の言葉。 それまで日本文化になじみがなかった方のきっかけをつくれたという実感を得られた瞬間。一度お仕事させていただいた方が、「またぜひご一緒したい」と言ってくださる瞬間。ささやかな瞬間・小さな喜びを大きく喜び大切にする。その積み重ねです。
また、仕事を通じていただいた多くのご縁、日本文化に従事する先生やお客様が、当社のミッションに共感し応援してくださり、その輪が広がっていくこと、ご縁をつないでくださることが多く、大変有り難く、励みになっています。
多くの皆様に支えられながら、核にある思い・使命を忘れずに素直に自分自身・人・仕事に向き合い進んできた結果が今に繋がっていると思います。
「和」にご縁のある神森さんですが、「和」を感じさせる女性像とは?
神森 私が「和」を感じる女性は、皇后陛下でしょうか。気品溢れる美しい所作、柔らかで慈愛にみちた眼差し、穏やかで心に響くお言葉。清楚で知的な凛とした存在感、そして着物の着こなしも素晴らしいですよね。
今後、挑戦していきたいと思うことや現在進めている企画などありますか?
神森 様々な企業様とのコラボ企画、企業の会員様向けの企画を実施しており、今はまさに来年上半期の複数の企画の準備、提案ラッシュというタイミングです。 年明けには伊勢丹 新宿店様とのコラボ企画の第二弾として「おとなのたしなみ講座」を開催予定です。一年の中でも特に日本を意識するお正月ならではの「和」を学ぶ体験型の企画を計画中ですので、足を運んでいただけたら嬉しく思います。
当社が企画・共同開発する商品については、和のアクセサリー「豆銀」、日本酒「笑酒来福」ともに、クリスマス・年末年始というこれからのシーズンにむけ、一人でも多くの方に手にとっていただけるよう販促に力をいれたいと思います。
いつでもどこでも日本文化を学ぶことができるwebスクール「nipponlabo」は、日本文化に対するハードルが高いイメージを払拭し、日本文化に馴染みがなかった方々にも広く日本文化を楽しみ気軽に体験していただけるサービスとして今年6月に立ち上げました。 国内向けには、「nipponlabo」レッスンをさらに多くの方に興味を持ち体験していただけるよう、既存の「和食」「着物」「日本舞踊」のレッスンに加え、新たなレッスン・シリーズを開講する他、より深く体験したい方向けにwebスクールと連動したリアルなお稽古・イベントの開催を通じ、日本文化とその核にある心まできちんと発信・継承していきたいと思っています。 現在は、「nipponlabo」のレッスンは、基本的には日本語がわかる方向けとなっていますが、将来的には日本語がわからない外国人向けのレッスンを企画・開発し、海外にむけての発信を強化することを視野にいれています。
グローバルな視点での取り組みは日本の活性化にも繋がりそうですね。
神森 現在、日本文化に馴染みがない海外からのお客様ニーズに柔軟に応えられる日本文化体験のコンシェルジュサービスを企画中です。 クールジャパン関連のプロジェクト、日本国内での在日外国人・観光客に向けた新しいプロジェクトのご相談をいただく機会も増えており、今後さらに海外向けの展開が拡大していく予定です。
世界中から多くの外国人観光客、海外メディアなどが日本を訪れる2020年の東京オリンピックをひとつの目標とし、さらに日本の魅力を海外に発信し、日本文化のプレゼンスを高めること、またそれを一過性のものにすることなくインバウンド・観光産業と連携した継続的な文化関連事業に発展させたいと思っています。
子どもの頃から思い描いていた、「日本文化の魅力を伝える」という使命感をもって、一歩一歩着実に道を歩んでいく神森真理子さんのStoryはいかがでしたか?bimajinをはじめ、様々なメディアでの発信、日本文化にあまりなじみがない方でも気軽に参加できるようなイベントの企画などを通じ、少しでも多くの人が日本文化にふれる機会をつくりたい!という熱い想いが心に響きます。bimajinで人気連載中の「和な美」では江戸時代の流行や老舗が守る伝統技術、日本酒や和菓子など食をテーマにしたものなど、神森さんが注目している日本の文化を細やかに紹介しています。こちらも是非ご覧ください♪

ジャパントラディショナルカルチャーラボ(JTCL)公式サイト:
http://jtcl.co.jp

いつでもどこでも日本文化を学べるwebスクール「nippon labo(ニッポン ラボ)」
http://nipponlabo.jp

和∞結
https://www.facebook.com/wamusubi.jp

ブログ:神森真理子の『食を!アートを!日本文化を!楽しもう』
http://ameblo.jp/mariko-kamimori

フォトグラファー / 上平庸文


Writer: IzumiのアイコンIzumi

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

夢はハリウッド女優とロボット発明家!?中国武術をこよなく愛する理系モデル・梨衣名さん《後編》
Blank

Bimajin Story / 2016/09/21

国立大学出身のインテリ美女!中国出身モデル・梨衣名さん《前編》
Blank

Bimajin Story / 2016/09/14

喧嘩、家出…。それでも死ぬまでずっと一緒にいたいと思うのが夫婦・琴菜さん《後編》
Blank

Bimajin Story / 2016/09/07