このエントリーをはてなブックマークに追加

17c199d391fdf2d620891756b051a7f0
Blank

秋晴れの心地よい気候が続いていますね。
食欲の秋、芸術の秋、皆様にとってはどんな秋でしょう?

和食の食彩が豊かな季節に、日本の食文化について見直し「和食」文化の保護・継承の大切さについて考える日として、11月24日が『和食』の日(「いい日本食の日」)として昨年認定されました。

今年の11月24日は、「和食」ユネスコ無形文化遺産登録後、初の『和食』の日。これを機に和食会議では、11月を『和食月間』として、「和食」文化についての認識を日本人自身が深め、次世代に「和食」文化を保護・継承していくことの大切さを共有する活動を展開しています。

当日は、日本の食文化を、家庭や地域の郷土食を通じて伝えていくことの重要性・可能性を紐解く「日本食文化の魅力シンポジウム」、子供たちが全国各地の郷土食文化の魅力を体感できる「日本全国こども郷土料理サミット」、親子で楽しめる「簡単おせち」作りのお料理教室などが開催されます。

この他、「和食月間」中に、学校・百貨店・レストラン・料理教室・イベント会場など…全国各地で、『和食』文化について見直す企画が満載。チェックしてみてください!

http://washokujapan.jp

「和食」文化と聞くと、「料理」そのものをイメージしがちですが、自然を尊ぶ日本人の気質に基づく「食」に関する習わしを意味しています。

当社が運営するウェブスクールnippon laboでも、「和食」文化に対する理解や意識を深める学びの機会として、【10品でわかる和食の魅力】のレッスンを開講しています。
レッスンを通じ、先付から甘味まで、四季の和食10品をつくる過程、1品1品にこめられた思いを垣間みながら、和食のもつ文化・その魅力を体感することができます。
講師を務めるのは「暗闇坂宮下」の宮下氏。
和食月間となる11月には新シリーズも公開!さらにイベントも開催予定です。

これを機に、「和食」文化を学んでみませんか?

参照Web

10品でわかる和食の魅力
http://nipponlabo.jp/lessons/category.html?c=21

いつでもどこでも気軽に日本文化を学べる web スクール
【nippon labo (ニッポン ラボ): http://nipponlabo.jp

神森 真理子

ジャパン トラディショナル カルチャーラボ株式会社 代表取締役社長

慶應義塾大学卒業。パリ第三大学で映像・アートビジネスの勉強をし、松竹(株)に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、「日本文化の活性化」という生涯の目標を見出し、会社員としてマーケティング・PRの仕事に従事しつつ、日本文化の伝道師として、日本文化の魅力を発信する企画・執筆・講演過活動を展開。日本文化に関する多数の企画・コンサルティングプロジェクトに従事した後、独立しジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役に就任。 +ART CLUB「食とアートの会」主宰。「銀座なでしこ会」幹事。利酒師・ワインエキスパート・フードアナリスト1級。

ジャパントラディショナルカルチャーラボ
公式サイト:http://jtcl.co.jp

ブログ:神森真理子の『食を!アートを!日本文化を!楽しもう』
http://ameblo.jp/mariko-kamimori

連載:MYLOHAS『大和撫子のための和文化のいろは』
http://www.mylohas.net/eco/japanese_culture

日本酒を楽しむスマホマガジン「酒ゼミ」
監修:現代ビジネス:安倍昭恵「対談『日本の食』を考える」


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

意外と知らない、「節分」のヒミツ・豆まきの作法
Blank

日本の伝統文化を知る

和な美 -wanna be- / 2015/01/08

お正月のきもの~ふくふくした梅の帯が、今年の気分~
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/25

京都の師走を感じる、毎年恒例の護王神社の巨大絵馬
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/18