このエントリーをはてなブックマークに追加

Bd06141b4d346ae1d4a10f9352459ec8
Blank

日本の結婚式の歴史は、「古事記」や「日本書紀」などにも記されているほど古く、多くのエピソードが残されています。平安時代には、男性が女性の元へ通う「通い婚」という風習があり、女性の元へ通いつめ三日目に、お披露目の宴が催されました。これが現代の披露宴のようなものだったといわれています。今回は、日本の文化・伝統を感じる結婚式「神前式」についてご紹介します。

江戸時代の挙式は「人前式」が一般的で、親族や近隣の方々を自宅へ招き行われました。花嫁は刺繍の入った打掛などの派手な衣裳を身につけるようになり、お披露目のために花嫁衣裳を着替える「お色直し」の風習が生まれました。自宅の床の間には、それぞれの家が信仰してきた神様の名前が書かれた掛け軸を飾り、お神酒となるお酒、縁起物、お供え物などを並べ、親族や近隣の方々、そして神様に夫婦になることを誓いました。

■神前式は明治から

現在のような神社における神前式の形は、明治33年5月10日に皇太子であった大正天皇と九条節子姫が皇居内の賢所でとりおこなわれたご婚儀に由来しています。翌年にはこの皇室の婚儀を参考に現在の東京大神宮が創設され、徐々に全国各地に普及していきました。

江戸時代までは、藩独自の文化が築かれ、各地方によって婚礼の作法やしきたりも異なりました。現在の神前結婚式は、各家庭を式場として行われてきた伝統的な婚儀の形、小笠原流や伊勢流など諸礼家の作法の流れをくみ、日本の伝統的な考え方を継承し、明治期に体系が作られたものです。

■神前式の流れ

入場から退場まで、神社における神前式の一般的な流れをご紹介します。(神社によって順序や形式が異なる場合があります。)

・参進の儀:結婚の儀を告げる雅楽が演奏される中、斎主・巫女に先導された花嫁行列が本殿・御社殿まで進みます。

・入場:巫女や介添えの先導によって、神殿に上がります。神前に向かって右に新郎側、左に新婦側の親族が座ります。親族は、神様が祀られているところに近い方から血縁関係の強い順に座ります。

・斎主挨拶:斎主からの開式のご挨拶。斎主とともに、列席者全員で神前に一礼を。

・修祓の儀 (しゅばつのぎ):「修祓」とは、心身を清めるためのお祓いのこと。斎主によるお祓いを、新郎新婦、列席者全員が受けます。

・祝詞奏上:斎主が二人の結婚を神様に報告します。
・三献の儀 (さんこんのぎ): 新郎新婦が、大中小の三つ重ねの盃で交互にお神酒を飲み交わし、夫婦の永遠の契りを結びます。 一盃目は新郎→新婦の順、二盃目は新婦→新郎の順、三盃は新郎→新婦の順で行われます。最初の2口は盃を口につける程度にし、3口目でいただくようにします。三つの盃は、天・地・人を意味し、三はおめでたい陽数、 九はその最高の数字で、おめでたいこと の頂点を意味します。その盃が一巡することを一献といい、三つ組みの盃が一巡すれば三 献、これを三度繰り返すので、「三三九度」とも言われています。
・誓詞奉読 (せいしほうどく):新郎新婦が誓いの言葉を読み上げる儀式。神前で一礼後、新郎が誓いの言葉を読み上げ、最後に氏名を読みます。新婦は新郎に続いて自分の名前だけを読み加えます。

・玉串奉奠(たまぐしほうてん):玉串とは、榊の小枝に紙垂(しで)を付けたもので、神と人とを繋ぐ役目をするもの。これを神前に供えることで、神とのつながりを固める意味があります。
神職から受けた玉串をご神前に向けてお供えする際には、玉串は時計回りに半回転させ、玉串の根元を ご神前に向けます。そして、二礼二拍手一礼。

・巫女舞(みこまい):雅楽の演奏に合わせて、巫女が舞を踊ります。

・親族固めの盃(しんぞくかためのさかずき):列席者全員で盃の御神酒を飲み、親族同士のつながりを固める儀式。三三九度と同じく、3口でいただきます。

・斎主祝辞:挙式を司った神職からの言祝ぎ。
・退場:斎主、新郎新婦、媒酌人、親族の順に、巫女や介添え方に続き退出。

神前式の儀式には日本人としてのあるべき姿、日本人とはどういう民族かなどの重要な意味が込められています。儀式の根底にある意味を理解した上で臨むと、より趣深いものとなります。


■神社での神前式の魅力

神前挙式は日本の文化や伝統に触れられる素晴らしい機会です。神社は末永く存在し、いつでも訪れることができる場所なので、挙式を出発点に、初宮参りや七五三など、一生のお付き合いができます。訪れるたび、挙式の日の感動や夫婦の永遠の契りを思い起こすことができる。これも神社での神前式の魅力のひとつです。
秋は和婚・神前式を体験できるフェアが各地で開催されています。また、もっと気軽に和婚・神前式について知りたいという方は、
和婚情報サイト「日本の結婚式(http://nihon-kekkon.com)」
「和婚.jp(http://wa-kon.jp)」
「和∞結(わむすび)(https://www.facebook.com/wamusubi.jp)」などもチェックしてみてはいかがでしょう。

神森 真理子

ジャパン トラディショナル カルチャーラボ株式会社 代表取締役社長

慶應義塾大学卒業。パリ第三大学で映像・アートビジネスの勉強をし、松竹(株)に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、「日本文化の活性化」という生涯の目標を見出し、会社員としてマーケティング・PRの仕事に従事しつつ、日本文化の伝道師として、日本文化の魅力を発信する企画・執筆・講演過活動を展開。日本文化に関する多数の企画・コンサルティングプロジェクトに従事した後、独立しジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役に就任。 +ART CLUB「食とアートの会」主宰。「銀座なでしこ会」幹事。利酒師・ワインエキスパート・フードアナリスト1級。

ジャパントラディショナルカルチャーラボ
公式サイト:http://jtcl.co.jp

ブログ:神森真理子の『食を!アートを!日本文化を!楽しもう』
http://ameblo.jp/mariko-kamimori

連載:MYLOHAS『大和撫子のための和文化のいろは』
http://www.mylohas.net/eco/japanese_culture

日本酒を楽しむスマホマガジン「酒ゼミ」
監修:現代ビジネス:安倍昭恵「対談『日本の食』を考える」


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

意外と知らない、「節分」のヒミツ・豆まきの作法
Blank

日本の伝統文化を知る

和な美 -wanna be- / 2015/01/08

お正月のきもの~ふくふくした梅の帯が、今年の気分~
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/25

京都の師走を感じる、毎年恒例の護王神社の巨大絵馬
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/18