このエントリーをはてなブックマークに追加

D390c605d179cbd9396cc96423c5f018
Blank

秋らしく涼しくなって、気温も下がりお花が長持ちするいい時期になりました。
皆さんはお部屋にお花、飾っていますか?

お客様が来る時、お祝いなどで花束を頂いた時など特別な時だけでなく
日常的にお花を取り入れる事は気持ちの余裕にも繋がりますし、お花を見て、触って癒される効果はもちろんのこと、部屋をキレイに保つためにもいい習慣です。

とは言え、生け花の心得は無いし、お花を買った所でどうしていいのか分らない!という方も多いと思います。お花を飾る事は難しい事ではないですが、花器の選び方や葉もの使い、また花屋さんで買う時の上手な選び方や飾り方など、ちょっとした工夫で日々、お花やグリーンに親しんで頂けるよう、花のある暮らしの為のちょっとしたアイデアを少しずつ、シリーズでお伝えして行こうと思います。

部屋にお花があると、、、、ちょっといい感じです。

こちらはちょっとお客様をお迎えする時のかなり贅沢な花あしらいですが、
まず、「お花を飾ってみよう!」と思った時、沢山のお花を買う必要はありません。
ほんの少し、1本、2本のお花から始めてみましょう。
いつも沢山のお花を飾るのはお手入れも大変ですし、予算的にもかかってしまうので
まずは普段用の自分だけの為の小さなお花から始めてみるのがおすすめです。

★自分だけの小さなお花を飾ってみる★

お花やさんを覗いてみて、自分が好きだな、、、と思うお花を直感で選んでみてもいいですし
その季節、旬のお花を楽しんでみるのも季節の移り変わりを感じる事が出来ておすすめです。魚や野菜などと一緒で、お花にも季節があります。その季節のお花は比較的手頃な値段で手に入る事も多いので、何を買うか迷った時には是非季節のものを選んでみてください。

秋らしいお花、「ホトドギス」です。
若葉や花にある斑点模様が鳥のホトドギスの模様に似ている事からこの名前が付いています。
ユリ科の植物ですが、ユリのような香りはありません。
渋めな紫の色合いとユリのような、蘭のようにも見える、とても可愛らしいお花です。
ホトトギス1本を切り分けて、2つの小さな花瓶に入れてみました。
葉もホトトギスの葉をそのまま活用しています。
それぞれの花器にあったちょうどいい長さに揃えただけです。
特別なテクニックは必要ないですが、少量のお花を飾るのに適した花器があることは
大事なポイントとなります。

★小さな花器・flower vaseを用意しましょう!★

お家に花瓶を持っている方は多いと思うのですが、その多くが、花束がそのまま入るような
大きめの花瓶である事が多いと思います。でも、ちょっとだけの花あしらいを始める時には
1本2本がちょうど良く収まるような、小さめの花瓶があるといいですね。
一輪挿しや、比較的口の小さめの花器やおちょこ、ショットグラスなどが使いやすいですが
小さな花瓶が無い時は、コップやジャムの空き瓶などを活用してもいいです。
大きな花瓶に少量の花を飾って収める為にはそれなりのテクニックが必要ですが
小さな花器なら、比較的簡単に収める事ができますよ。

★葉もの・グリーンを添えてみよう!★

一花一葉(いっかいちよう)などという言葉もありますが、たった一輪のバラでも葉を一枚添えてみる事で、花だけとは違う雰囲気になります。
バラ一輪を飾る時、是非、花瓶の足元に葉ものを一枚でいいので添えてみてください。

ただ、バラを一輪ポンっと入れただけとは違う安定感が生まれます。
お花を飾る時に、花だけでなく葉ものを添える事で花あしらいが確実に変わってきます。
まずは一輪からでも是非、お花を飾ってみてください。
特別な日でもなんでもないけど「お花でも飾ってみようかな!」そんな気持ちになった時、既にちょっと気持ちに余裕の出来ている自分に気がつく事が出来ると思いますよ。


Atelier Eucharis Flower Designer フラワデザイナー 篠原和美
Blog:http://aeucharis.exblog.jp
Home page:http://a-eucharis.com

Writer: 篠原のアイコン篠原

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

星野リゾート 界 アルプスで叶える、おいしい楽しい週末旅(後編)
Blank

信州の温泉宿で贅沢な田舎体験♪

ライフスタイル / 2019/03/09

星野リゾート 界 アルプスで叶える、おいしい楽しい週末旅(前編)
Blank

信州の温泉宿で贅沢な田舎体験♪

ライフスタイル / 2019/03/08

元祖シェアオフィスの地で新しい町プロジェクトが始動
Blank

人がよろこぶ!家がよろこぶ!

ライフスタイル / 2019/02/13