このエントリーをはてなブックマークに追加

Ace8b6188fa55b403e37145ff1b93ccd
Blank

長い夏休みがあっという間に終わってしまった。 厳密に言うと私の仕事に特別夏休みというものはないが、(お盆には、長崎佐世保で精霊流しをするために里帰りしたので、この期間が夏休みと言えば夏休みか)8月が終わりを迎えると、学生時代の頃を思い出してちょっとしんみりするものだ。 とはいっても、台湾はまだまだ暑い。 秋の気配は感じられず、夏好きの私がほのかに寂しさを感じるには早すぎる。 台湾に来てよかったと思う一瞬である。

さて、こちら台湾のコンビニでは日頃から、買い物をしてポイントシールを集めるとキャラクターグッズがもらえるというサービスがある。
ちなみに、過去にはONE PIECEやHello Kitty,ドラえもんなど日本でもおなじみにキャラクターが人気であった。
そうして先日いつものように家の近くのセブンイレブンでリンゴとグァバを買おうと思って立ち寄ると、一瞬目を疑うポスターが張ってあった。 『く、くまもん!?』

そう、日本熊本県をPRするキャラクターが海を越えて、台湾で一番ポピュラーなコンビニとコラボしているのである。

日本でのくまもん人気はニュースでも取り上げられているのをみたことがあり、知っていたが、ご当地ゆるキャラの枠を超え、日本が誇るドラえもんと同等に取り上げられているということは、本当にたいしたものだと思う。
いままで、特に意識してこのキャラクターグッズをもらえるシールを集めたことはないが、(もらったシールは集めているという友達にあげていた)密かにくまもんってなんかイイ。と思っていた私はこのチャンスを逃さないようにしようと思った。(しかも、これまたちょっとかわいいじゃないかと思っていた台湾セブンイレブンのマスコット OPENちゃんとコラボだというのにも心惹かれる)
そしてまた後日仕事で台北101の展望台に登ると一瞬だけえ?くまもんと見間違える熊キャラのポップがあった。
調べてみると、台湾観光局の公式キャラクターその名も「Oh!Bear」だそうだ。
 

日台熊ご当地キャラクター。
どちらも愛らしくてPRに大きく貢献している。

さてさて、話は変わって先日友達に友人の個展を観に行かないかと誘われた。
個展の主には面識がなかったが、台湾人の個展を観る機会はいままでなかったので、興味があり
二つ返事でOKした。
場所は以前花博が開催されていたり、台北市立美術館があったり、展覧会が開催されるギャラリーが多く立ち並ぶMRT園山駅から歩いてすぐの場所。
普通のカフェチェーン店を入って中の階段を上って入るという、外からはちょっと見つけにくい場所に、ひっそりとそのギャラリーはあった。

金車文藝中心 藝術空間
台北市承徳路三段131號4樓

『麻辣奶凍之戀』『スパイスとムースの恋愛』と題された陳泰樺(チェン タイファー)の個展がこの場所で約二ヶ月開催されていた。

スパイスとムース、舌が痺れるような辛さと甘さの内心世界。
穏やかでおとなしいと思っていたら、急に凶暴性をむき出しにして暴れだしそうな。
これでもかと壁に飾られた絵たちが主張している。

しばらく絵を眺めていると、今回の個展の主が現れた。
壁に張ってあった写真よりずいぶんと若い印象。
絵から作者はどんな人物かと想像したが、笑うと少年のような好青年だった。
友達が紹介してくれて私が日本人だとわかると
「こんにちは。私はアタイです」
と日本語で挨拶してくれた。
そういえば絵の中にところどころ日本語が入っているものもある。
「これは寺山修司の作品に影響を受けた作品」とか、
「日本製のテレビゲーム、仮面ライダーなど日本のヒーロが大好きだ」と言っていた。
「ヒーローと怪獣の決闘の中、電光雲や霧に隠れているのは未来に立ち向かう勇気」だとも。

いつも淡水にあるアトリエでこんな風に座って絵を描いているらしい。

芸術家であり、役者として映画にも出演している彼は、焦りや寂しさを感じる時に、絵を描いてその気持ちを発散させるのだそうだ。
一つ一つに独特の性格があるようなキャラクターたち。
一筋縄ではいかなさそうだ。
どの絵が好きかと言われ、この「スイカ男」だと答えた。

スイカの断面で表情がないちょっと寂しげなやせ形のこの男。

偶然にもその日スイカ男と同じ色合いのTシャツを着ているからか、夏が好きだからか、一番惹かれた絵だった。
そうするとアタイはデッサン帳を広げていろんなスイカ男を見せてくれた。

そして、手作りのシールにその場で色付けしてくれた。

「この世界に発していきたいことは、純粋の愉快さと単純な喜びの力」だそうだ。
そんな彼の嬉しそうに語るキラキラした瞳をみて、彼こそピュアで情熱的な台客だと思った。
そんな彼がたくさん影響を受けて好きだという日本の文化を改めて誇りに思うのでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

台湾中秋節でバーベキュー大会 〜台風にも負けず道端に人が大にぎわいの巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/27

台湾ならではの「赤ちゃん風習」 〜1ヶ月記念日に届いた美味しい贈り物の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/20

台湾ソウルフード魯肉飯 〜勝手にランキング!私のナンバーワンな店の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/13